国際的な舞台で活躍出来る人材育成が焦眉の急

国際的な舞台で活躍出来る人材育成が焦眉の急

2019/01/11
国連の通常予算の国別分担率は

1位アメリカ22%

2位中国12%

3位日本8.5%

だったそうです。

また、国連事務局職員数は、

日本は9位に低迷しているようです。

日本は負担金に見合う人材が

いないと言えます。

志願者が

サッパリ出ないとの事です。

ヒトなしカネだけ状態で、いいのでしょうか?

国際的な場で、

活躍できる人材育成に

本腰を入れるべきだと思います。

そうしないと、

ますます厳しくなる国際環境下で、

日本はジリ貧状態になっていくのではと、

危惧してしまいます。

日本は、周囲を中国、ロシア、北朝鮮、アメリカ、

ある意味、タフな対象ばかりです。

太刀打ち出来る政財界人が

どれほどいるのでしょうか?

卑近な例が、日産のカルロス・ゴーン問題です。

彼のような人物と真っ向勝負ができるのでしょうか?

日産は彼に私物化されても長い間どうする事も

出来なかったのです。

これを教訓に、国際的に活躍できる人材育成が、

日本にとって焦眉の急です。

AI搭載スマホの登場で世界が劇的に激変する予想

2019/01/11
AI搭載スマホの登場で、

日本いや世界が

激変するかもしれないですね。

ある意味革命が起こるようなものです。

AIを駆使できるベンチャー企業が、

古い体質の企業組織の消費者を取り込み

急成長を遂げるかも。

この機器を使用することで、

更に個々の特技を持てば…

個人でも飛躍できるかもしれないです。

ところで、AI搭載スマホとSNSは、

ユーザーの年齢差を無意味化すると言えます。

さらに、色々なものを無意味化するでしょう。

学歴差、貧富の差、関係なく

ネット社会は世界中平等に普及しています。

世界の貧困層でも、

スマホのAIオンライン講座で勉強出来るのです。

AI同時通訳サービスで、言葉の壁すら打破します。

インターネットは、

世界のフラット化を招来するのです。

だから日本でしか通用しない日本人は、

無用になるかもしれないません。

自分の特技と実力をますます身につけ、

発揮しなければならないと言えます。

米中新冷戦の行方・日本の行く末

2019/01/11
アメリカは、

中国の台頭を許さないのでしょう!

カナダで、ファーウェイのCFOを

逮捕したのがまさにその幕開け

なんでしょうか。

次世代通信システム5Gから

中国を排除したいのでは?

米国はかつて日の出の勢いの日本が

半導体で世界を席巻した時猛烈に

妨害した事があります。

アメリカは、やはり世界の覇権国なんですね。

アメリカに取って代わろうとする国を

絶対に許せないのかもしれないです。

それ故に米中による新冷戦時代に突入したと、

言われるのです。

日本にとって、このような国際環境は、

貿易立国の立場からも解消して欲しいですね。

今後、国際情勢がどうなっていくのか

予断を許さない状況であることは確かです。

20代の年収が高い企業ランキングを見て思う

2019/01/11
企業口コミ・給与明細サイト

「グローバルウェイ」の

20代の年収が

高い企業ランキングによると、

1位アクセンチュア(コンサルティング)610万円

2位日立製作所562万円

3位トヨタ自動車548万円

4位三菱UFJ銀行546万円

という結果だとの事です。

国税庁によると393万円が平均です

平均額に比べるとかなり高い年収と言えます。

今の時代、ユーチューバーやブロガーなど

稼ぐ人から見たら、少ない年収かもしれません。

残業の多い部署などもあると思います。

自分の時間などほとんど取れないかもしれないです。

石の上にも三年という諺があります。

自分の一度きりの人生をどう過ごすかは、

当人が決める事なので、

とやかくいう必要はないと、

私は思うのですが、どうなんでしょうかね。

京都大学発スタートアップ企業が薄い太陽電池を技術開発

2019/01/11
新型の太陽電池を開発した事で

注目されているのは、

京都大学発スタートアップ企業である

2018年1月設立の

エネコートテクノロジーズです。

太陽光発電パネル用の太陽電池より、

150分の1で

発電効率も20%を超えるそうです。

さらにウエアラブル端末などへの

搭載も可能です。

この新型太陽電池は、太陽光パネル用より

安く生産されそうです。

時計型、眼鏡型等のウエアラブル端末は、

身につけるので、軽くて小さい電池が必要です。

全てのものがネットに繋がる「I o T」のセンサーに

搭載するのは、いい考えだと思うのですが。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。