日本・アメリカの学生達が隔離された施設で宇宙生活体験すると

日米の学生が隔離された施設で宇宙生活体験

2019/01/10
2019年8月に京都大学と

アメリカのアリゾナ大学が共同で、

宇宙基地での模擬活動という

プログラムを実施するようです。

将来の火星移住計画を想定して、

来たるべき宇宙時代に

活躍する人材育成が

このプログラムの

趣旨のようです。

元宇宙飛行士

土井教授達が指導するとの事

アリゾナ州郊外の研究実験室で

日米の学生10人が活動するようです。

宇宙環境や閉鎖された環境下での

ストレスなどをテーマとした講義、

天文観測したり、

生態系システムを、

受講するとのことです。

中国のスマホ市場が低迷しつつある

2019/01/10
世界最大のスマホ市場である中国で、

その規模が縮小しつつあるようです。

アメリカの調査会社IDCによると、

2018年7月から9月のシェアは、

第1位ファーウェイ、

第2位オッポ、

第3位ビボ

と中国勢が占めて、

アップルは5位でした。

日本の出番は、というと

中古スマホですね。

中国は、

最大の中古スマホ市場でもあるのです。

新品が高額なので、

中古スマホに顧客が流出しているようです。

京都市の持続可能都市トップは流石!

2019/01/11
日本経済新聞が

全国の815市区を

調査 評価したランキングによると、

1位京都市

2位北九州市

3位宇都宮市

という結果であるとの事。

東京では、8位に板橋区

大阪では、9位に堺市

名古屋市が10位でした。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)の

観点から調査したものです。

京都市の取り組みは、

高く評価されているようです。

特に、パークアンドアイランドという

郊外に車を止めて公共交通を利用するという

画期的な試みです。

公共交通を利用して、

街中の交通量削減に寄与できるのが、

素晴らしいアイディアだと思います。

大都市でのモデルケースになると思います。

アメリカの14分野の先端技術流出規制の影響

2019/01/11
アメリカが国防権限法に基づいて、

先端技術の国外流出に、

歯止めをかけるようです。

AI、バイオテクノロジー、測位技術、

マイクロプロセッサー、

先進コンピューティング、

データ分析、量子コンピューティング、

輸送関連技術、3Dプリンター、

ロボティクス等

14分野にも波及するようです。

アメリカのこのような措置は、

中国を念頭に置いたもののようです。

アメリカが規制強化で、

封じようとしているのは、

中国系企業や投資ファンドが、

アメリカの新興企業に投資して、

その支配権を掌握したり、

新技術を中国に持ち出したりするのに

対してです。

アメリカのこのような輸出規制は、

日本企業も影響を受けてしまうとの事です。

14分野の技術を中国に移転する場合、

アメリカの許可が必要だからです。

インドの発展の要因にスタートアップ企業

2019/01/11
インドの

全国ソフトウェア・サービス企業協会

によると、

スタートアップ企業が、

7,000社を超えたようです。

ネット通販や配車サービスだけでなく

社会問題解決に

取り組む企業も増えているそうです。

2016年にモディ政権が打ち出した

起業支援が、

功を奏したと言えます。

スタートアップの例としては、

エムファインとグレイオレンジがあります。

エムファインは、

医師不足に対処するために、

スマホ経由での診断を提供します。

一方、グレイオレンジは、

物流を改善しようする倉庫のための

ロボットです。

今後、色々な課題を解決するサービスが

インドから数多く発信されるのを期待したいです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。