はじめに

大阪が盛り上がっています。

通天閣ジャンジャン横丁、動物園前商店街、

天満、北新地、十三、

裏なんば、心斎橋、お初天神周辺

中津周辺、大阪城等々目白押しです。

また、大阪は食い倒れの町とも

言われます。

大阪では飲食は必須です。

タコ焼き、お好み焼き、寿司、

刺身など何でもござれです。

新世界について

この界隈は、最近は若者やカップル、

それから外国人が食事を楽しんだり

散策する姿が数多く

見られるようになりました。

なかでも通天閣は、大阪のシンボルと

言われています。

老若男女誰でも楽しめる面白い観光地の

ひとつです。

展望台には、幸福の神様である

ビリケンさんが鎮座しています。

そこからは、大阪が一望できるのです。

特に夜景は、素晴らしいの一言です。

通天閣のてっぺんは、

グルっと一周できる屋外特別展望台が

あります。

またジャンジャン横丁は、その昔

客を呼び込むために三味線をジャンジャンと

鳴り響かせていたという事が

名前の由来だそうです。

昭和の雰囲気を醸し出す商店街で、

多くの串カツ屋や立ち飲みや将棋クラブが

林立する人気のスポットです。

どこかレトロな雰囲気や大阪らしいコテコテな

感じが溢れているのが新世界の良い所だと

思います。

通天閣で過ごしたついでに、

天王寺動物園やスパワールド世界の大温泉など

セットで楽しむのもいいかもしれませんね。

動物園前一番街商店街について

地下鉄御堂筋線の動物園前駅の改札を出て、

1番出口の階段を上がって、左折すると

通天閣のある新世界へ行けます。

右折すると、動物園前一番街商店街へ

行けるのです。

ひと昔前までは、日雇い労働者がたむろして

治安が良くない雰囲気の商店街でしたが、

最近は、中国人経営のカラオケ居酒屋が

100軒以上あって、かなり賑わっています。

数多くのサラリーマン風の人が増えて、

治安も良くなっているようです。

一時期は、ガレージ通りと化していたのですが

商店街が活気を取り戻して、他の商店も

息を吹き返しているようです。

商店街の真ん中あたりに、安売りの

スーパー玉出やゲストハウスの

ココルームがあります。

外国人観光客が主に利用しているようです。

また、大正時代のレトロな雰囲気の

建物である「鯛よし百番」は完全予約制の

お店です。

鯛ちり、かにちり、寄せ鍋、一品料理などを

桃山作りの豪華な雰囲気の中で美味しい

料理を堪能できるのです。

最後に

新世界周辺だけで、これだけ大阪の

風情や醍醐味を味わえるので、

行かなきゃ損という感じです。

大阪の人口は、全国3位の多さですが、

面積は香川の次で、2番目に狭いのです。

狭い中で多くの人がいるので、大阪は

活力が有ると思います。

これからも、まだまだ大阪の良さを発掘して、

発信していきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください