楽天モバイル機種変更や解約で価格競争に拍車や牽引者の役割

はじめに

スマホ大混乱時代到来ですね。

20188月に菅義偉官房長官の

今の携帯料金は4割ほど下げるのが

可能だとの発言から、

すでに1年以上経過していますが

相変わらずの感が否めないです。

それはやはり楽天モバイルショックが

大きいと思います。

楽天の本格参入が当面

見込まれないようです。

楽天モバイルショックについて

20199月の楽天モバイルの発表会で

三木谷浩史会長は、「世界初の

クラウドプラットフォームを作る」とか

「より安価で使いやすい携帯サービスを

開始できる」と強弁しました。

しかしながら基地局整備の遅延によって

本格参入が事実上

延期になってしまいました。

ここはひとつ楽天経済圏の

頑張りどころです。

新規参入する通信の分野においては、

遅れをとっていますが

楽天経済圏に誘導する道の

展開の仕方が問われることでしょう。

常識破りの料金プランや

戦術・戦略に長けたポイント攻勢で

独占3社を撃破してほしいものです。

携帯3大キャリアの戦略について

2年縛りの長期契約を収益源と

することが不可能となり、

他に活路を見いだしたい携帯3社が、

しのぎを削って

企業努力をしているようです。

NTTドコモの場合

NTTドコモのスマホ教室や

バイクシェアなどは興味深い

試みだと思います。

ドコモユーザー以外との接点を

増大させる効果があると思います。

ターゲットにするユーザーを

大きく拡大してスマホ以外の商材や

サービスを提供してドコモショップが

ドコモの殻を破る日は

近いかもしれません。

auの場合

auは金融・決済事業に特色があります。

独自の決済サービスである

au WALLETとか三菱UFJ銀行と設立した

じぶん銀行などを展開してきました。

そして20192月にauフィナンシャル

ホールディングスを設立してグループの

金融事業をauブランドに

統一することにしたそうです。

顧客との繋がりを深めていく意図が

あると思います。

③ソフトバンクの場合

ソフトバンクの強みは何と言っても、

ワンモバイルというサブブランドを

有していることです。

ワンモバイルは安価な料金体系を

提供しています。

他社から低価格志向のユーザーを

取り込み、その後に

ソフトバンクブランドにという戦略が

功を奏しているようです。

NTTドコモやKDDIには実行不可能な

芸当と言えそうです。

最後に

楽天が携帯事業に参入するというだけで

これだけ大きな反響があるのは

興味深いことです。

中国とは違い、日本は競合して

切磋琢磨してユーザーに適正な

サービスを提供することが可能です。

とにかく楽天がはやく携帯の第4極として

日本社会に根付き、携帯の

値下げ競争に拍車を

かけてほしいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。