大阪鶴橋コリアタウン美味しい韓国料理や韓ショップ散策

はじめに

日韓関係が悪化しているこういう時期にこそ

訪ねてみたい場所が大阪のコリアタウンです。

最寄り駅は鶴橋駅と桃谷駅ですが、

鶴橋駅は焼肉の匂いが立ち込めているので、

すぐにでも店に入って焼肉三昧と

いきたいところです。

鶴橋について

鶴橋は大阪市の南東部に位置しています。

生野区、東成区、天王寺区に

またがっています。

JR環状線、近鉄、地下鉄千日前線の

3つの鶴橋駅が交差しています。

市場と商店街と韓国マーケットが

林立する活気的な街です。

鶴橋は、日本最大の在日コリアンの

コミュニティ地区の生野区の

入り口にあるのです。

この生野区は、外国人登録数は全市第1位で

区民の4人に1人へ外国籍住民です。

外国籍住民のうちのほぼ全員が

コリアンであり、しかも済州島出身者が

多数らしいです。

街の雰囲気や風景

鶴橋商店街、御幸通商店街、

桃谷商店街があり、日本最大の

コリアタウンと言っても過言ではないと

思います。

鶴橋商店街は交通機関が集中するので、

立地条件が良く、国際色豊かで、

豊富な品揃えで有名です。

チマ・チョゴリの店の慶安商店、体験撮影の

出来る安田商店、ほかほかのチヂミなら

高原商店、多彩な味が自慢の平山商店などが

あります。

鶴橋卸売市場は大阪の国際市場であり、

鶴橋商店街の東端つまり近鉄鶴橋駅東口

一帯を占有する市場です。

食品から家電まで揃っている鶴橋本街

商店街は、近鉄鶴橋駅の南側です。

韓国伝統茶の店など珍しい専門店が

あります。

御幸通商店街は130ほどの店舗が

あります。

この御幸通商店街と周辺を含めて、

生野コリアタウンと総称されます。

韓国食材マーケットとしては、

日本最大です。

街の歴史

街の歴史は古いのです。

鶴橋から桃谷にかけての地域は

かつては「猪飼野」という地名でした。

現在の地名の由来は「つるのはし」ですが

両方とも「日本書紀」に記載されています。

この地域は、大陸との交流も長い歴史が

あるようです。

御幸通商店街の近辺には、猪飼野の

渡来人集団と仁徳天皇との交流を物語る

御幸森天神宮も現存しています。

この御幸森天神宮はしあわせの森と

呼ばれています。

仁徳天皇はよくこの地を訪問したので、

天皇崩御の後、社殿を建立したそうです。

最後に

鶴橋に行くといえば焼肉を

食べに行くというほど鶴橋のイメージは

強烈です。

私の印象では焼肉の空という名前の安くて

うまい店が即、頭に浮かぶのですが、

いつ行っても行列が出来ていて

入店するのを断念したことがあります。

カンテキや卓上コンロで煙がモクモクし、

まるで火事場の中で焼いて食べるのです。

食べて飲んで5000円もあれば、

十分なのです。

鶴一も負けず劣らず人気の店なので

おススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。