夏の病気ランキング!赤ちゃん高齢者は予防が肝要特に高熱注意

はじめに

日本の夏は殺人的です。

熱中症で亡くなる人が

毎年100人以上も出るの異常事態です。

危惧すべき病気は熱中症だけでは

ないのです。

①脳梗塞

体が脱水状態になると、血液がドロドロに

なり、血栓が出来やすくなります。

この血栓が脳に詰まり脳梗塞を

引き起こすのです。

気温が32度以上になると脳梗塞のリスクが

あがります。

リスク軽減のために魚の脂から取れる

脂質で血液サラサラにすべきです。

睡眠時間が短いと血管が収縮して、

血栓が出来やすくなります。

睡眠時間の十分な確保は重要です。

早朝ランニングは血栓を作りやすいので、

絶対に避けなければならないです。

②心筋梗塞

心筋梗塞は、動脈硬化が、

原因で心臓の血管が塞がり、

血流が止まった状態です。

自覚症状としては、胸に痛みが生じます。

発症から3間が生死の分かれ目です。

また、治療出来る病院は

限られているので事前に要チェックです。

③白内障

白内障の原因のひとつが紫外線です。

紫外線は角膜で吸収され、目のレンズ役の

水晶体に吸収されるのです。

治療が遅れると失明のおそれもあります。

サングラスや帽子の着用は必須です。

朝夕は太陽光線が直接目に入ってくるので

特に要注意です。

④皮膚がん

皮膚がんも紫外線が一因です。

対策としては、日焼け止めや長袖の着用で

だいぶ予防できそうです。

⑤クーラー熱

冷房のきいた室内と、屋外との温度差で

体調を崩してしまいます。

自律神経が乱れ、体のだるさ、胃腸の

トラブル、頭痛、腰痛など様々な

不調異変を生じるのです。

室内と屋外の温度差を5度以内にするのが

重要です。

⑥脱水症状

体から体液が減少すると、消化器や脳の

血流が低下します。

そして、食欲不振、疲労感、めまいなどの

症状が出てきます。

脱水症状が進行すると、

汗がかけなくなるのです。

さらに、意識障害やけいれんなどを

引き起こすのです。

対策としては、こまめな水分補給です。

⑦手足口病

手足口病は、手足にボツボツが出来ます。

高熱が出て、全身倦怠感、悪寒、

関節痛などの症状があります。

⑧プール熱

アデノウイルスが原因の感染症です。

プールの水から広がっていくので

プール熱と呼ばれます。

39度の高熱、のどの痛み、結膜炎などの

症状があります。

⑨水毒症

水分の摂り過ぎが水毒症の原因です。

必要以上の水分の摂り過ぎは、体に溜まり

むくみが生じるのです。

水分は、12リットルまでとした方が

いいと思います。

⑩ヘルパンギーナ

ウイルス性の感染症です。

39度以上の熱が続き、のどが赤く腫れ、

小さな水泡がたくさん出てきます。

食物繊維を摂取し、

腸内環境を整えることが重要です。

なども要注意です。

最後に

日本の夏は本当に怖いくらいです。

高温多湿で、毎年熱中症で亡くなる人が

大勢います。

紫外線は、年々上昇中であり、

夏が日本人にとって乗り越えていくべき

試練になっています。

熱中症だけではなく、様々な病気も

侮れないので、より一層

夏を乗り切り対策を立てて

行かねばならないと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。