アド・アストラはブラッド・ピット初の宇宙飛行士役で時代を反映

はじめに

アド・アストラはブラッド・ピット

主演映画なので見ようかなと

思っていました。

今や、ブラッド・ピットは映画制作会社

PLAN Bを引っ張っている敏腕

プロデューサーです。

実際、アド・アストラを見終わった後に

ジワっとくるものがありました。

まさに映画というよりは、ひとつの

芸術作品です。

監督とブラッド・ピットの絶妙な

組み合わせの出来映えだと思います。

人生論や哲学的な要素も感じられる

素晴らしい作品なので、お勧めです。

またブラピは何か、他人とは思えない

雰囲気を持っているので

とても関心があります。

この作品は、

月と火星に施設やコロニーがあって、

宇宙飛行士に扮するのがブラピです。

宇宙に消えた父親の謎を追う話です。

アド・アストラの概要

ブラッド・ピット率いる

映画製作会社PLAN Bが作成して、

ピット自身が主演を演じるSFドラマです。

父親に憧れ宇宙飛行士になった主人公が、

太陽系の彼方に消えたと思われていた父の

謎を追う姿を描いています。

監督は『エヴァの告白』の

ジェームズ・グレイです。

主人公の父親役に

ハリウッドで最も重要な

名優のひとりである

トミー・リー・ジョーンズです。

他に、恋人イヴ役のリヴ・タイラー、

トム・プルイット大佐役に

ドナルド・サザーランドらが

共演しています。

父と息子という肉親の愛憎や葛藤

地球外知的生命体との出会いに

人生を捧げる父親の

影響を受けて、宇宙で働く道を選んだ

ロイ・マグブライドが主人公です。

しかし父親を乗せた宇宙船は、出発から

16年後にその消息を

絶ってしまったのです。

それから時が経ち、

エリート宇宙飛行士となった

ロイでした。

ある日、巨大なサージ(電気嵐)が突如

地球に発生し、世界各地で火災や

飛行機の墜落事故が起こったのです。

どうやら父親のクリフォードが

海王星で実験を行っているようなのです。

ある日、軍の上層部から、極秘情報を

告げられるのです。

太陽系外有人探査計画(リマ計画)

司令官であり、出発から16年後に

消息の途絶えた英雄だった

ロイの父親クリフォードが

太陽系を滅ぼしかねないある計画に

関与していることを聞かされます。

そして、父親を探し出せという

ミッションを与えられるのです。

アド・アストラの訴えたいこと

ジェームズ・グレイがアド・アストラの

監督・製作・脚本を、手掛けたのです。

この映画のアイディアとしては、

登場人物が変身や成長を遂げる旅を

描くという考え方があります。

宇宙のただ中にいる孤独感と恐怖と

いう考え方とは

対照的に、地球外知的生命体の存在を

信じ込み宇宙で際限なく実験を

繰り返す人物とを組み合わせたのです。

最後に

ブラピは、やはり最高ですね。

監督のグレイによると、

ブラッドは実に興味深い人物であり、

映画スターのルックスと、カリスマ性を

備えながら、そのステータスには

アンビバレンスな感情を

把持しているようです。

豊かな才能が充満し、演出についても

上手く、見事に取り入れて、

演技の可能性を拡大していくのです。

まるで演技していないかのように

見えるのが神秘的で魅了させられます。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。