座り過ぎ対策に簡便なストレッチや体操を効果的に取得

はじめに

日本のオフィスワーカーは、

世界で一番、長時間

座っているそうです。

座りすぎは、健康に悪いという

ことなので、

職場で座り過ぎ対策として

何が出来るかということです。

あまり目立たずに簡単に出来る

方法がいくつかあるようです。

長時間の座り過ぎの結果について

連続して、長時間座り続けると、

血流不良を起こして、代謝が

落ちるのです。

むくみや冷え症ばかりでなく、

高血圧症、糖尿病、心筋梗塞などの

重篤な病気を招来しかねないのです。

デスクワークに集中していると

なかなか運動出来ないのですが、

敢えて意識して実践するべきだと

思います。

座り過ぎ対策について

まずは、30分に一度立ち上がるだけでも

いいのです。

困難なら、1時間に1回でも

立ち上がるだけでも、

だいぶ違います。

慣れてきたら、次のようなステップを

踏んでいけば、いいと思います。

①つま先・かかと上げ

片足のつま先を上げて、もう一方の

かかとをあげます。

10回ほど繰り返します。

②膝伸ばし

片膝を伸ばして、ゆっくり下ろして

いきます。

交互に2、3回繰り返します。

③お尻上げ

お尻をゆっくり浮かして、

静かに座ります。

交互に2、3回繰り返します。

④上体ひねり

背もたれに、片手を添えて、

上体をひねります。

左右5〜8秒ぐらいひねります。

⑤背伸び

両脚を腰幅ぐらいに開いて、

かかとを上げて背伸びします。

⑥脚横上げ

片脚ずつ、ゆっくり横に上げ下ろしを

します。

交互に2、3回繰り返します。

⑦左右重心移動

脚を大きく開いて立って、ゆっくり

左右に重心を移動します。

交互に2、3回繰り返します。

⑧腿上げ

片膝を曲げた状態で90度になるまで

引き上げて、下ろします。

交互に2、3回繰り返します。

⑨背筋伸ばし

椅子の背もたれに手を添え、脚を

大きく開いて、お尻を後ろに

押し出して、背筋を伸ばします。

5〜8秒ぐらい続けます。

最後に

ジムに通ったりして、定期的に

運動している人でも、座り過ぎのリスクが

解消されるわけではないと思います。

職場でスキマ時間に地道に運動する

必要があります。

意識して、筋肉を鍛え、活動機会を与え、

体の血流を促進すると良いです。

職場で座った状態でも、

立ち上がった時にも

意識すれば、かなりの運動量が

確保出来るのではないでしょうか。

自分の健康は、自分で守るという姿勢で、

また、政府が推進する働き方改革を

実践するという意味でも、

この座り過ぎ対策の簡便な体操は、

素晴らしいものではないでしょうか。

身近なところで実践できる

お金のかからない改革が

可能になるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。