ミートアップイベントに参加し実践英会話で交流拡大

はじめに

人生100年時代の到来と言われて

いますが様々な職種の人々と

交流するには

積極的にイベントに参加する

必要があると思います。

アメリカ発祥で在日外国人や

訪日客との交流イベントが数多い

ミートアップには定期的に

参加し実践英会話の場としても

活用しています。

コミュニティーの意義

自分にとって好きなタイミングで、

学びの場にリターンできる

コミュニティーの存在は、

とても意義のあることだと思います。

自分を客観視出来、多様な価値観を

把持すると、見えない資産が

増えることになります。

主なイベント検索サービス

①ピーティックス

幅広いジャンルがあります。

参加費の事前決済も可能なようです。

②ミートアップ

アメリカ発祥の交流イベントで、

実践英会話向きで、会費も低価格や

無料の場合が多いです。

③コンパス

IT分野のイベントに特化したものです。

以上が主なイベント検索サービスですが、

他にも色々あるようです。

自分に最適なものに出会い積極的に

参加したら、違う世界が

展開されるかもしれないです。

イベント活用の流れ

まず自分なりの目的やテーマを

整理する必要があると思います。

そのためにも、自分に合ったジャンルを

検索サービスで探すことです。

発見し、参加したら積極的に発言して

肩書きや年齢に拘らずに

交流したいものです。

そしてイベント参加後には、

SNSで発信し、参加者との交流を

継続することです。

またアウェーのイベントにも挑戦するのも

自分の価値観を広げていくには

必要不可欠だと思います。

イベント活用の注意点

ソーシャルメディアコンサルタントの

市川裕康氏は、「目立ったテーマを

掲げているイベントでも主催者の情報は

しっかり確認しよう」と述べています。

杜撰な運営をしていたり、

強引な勧誘のために

人集めをしているだけのものも

中にはあるようで、

注意する必要があると思います。

サーズデー・ギャザリングについて

今、注目の無料イベントの

サーズデー・ギャザリングは毎週木曜日に

虎ノ門ヒルズのカフェで開催されます。

一般社団法人ベンチャー・カフェ東京が

主催者です。

講演を聞いたり、ドリンク片手に

談笑したり自由にカフェ内を移動しながら

交流出来るようです。

老若男女の参加者で、

高校生からシニアまで幅広いです。

入退場が自由で、

事前申し込みも不要なので気楽です。

山川恭弘代表理事は、「参加者の

多様性を保つには、ふらっと

立ち寄れるドタ参の要素は欠かせない」と

述べています。

最後に

実に様々な交流イベントが

あるものだと実感した次第です。

私自身もミートアップには

積極的に参加しています。

何回も参加しているうちに、

話しかけられるようになり、

発言も自信を

持てるようになってきました。

これもイベントに参加した成果の一つだと

思います。

今後も様々な交流が出来るように、

積極性を把持していきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。