名画で学ぶ着こなしランキングベストテン

はじめに

華麗なるギャツビーやシャレードなど

有名な映画の中で、

着こなすスタイルを学ぶのは、

とても興味深いことです。

往年の欧米の映画作品は、

渋いシニア紳士にとっては、

装いの教科書だと思います。

着こなしが参考になる映画は

数多くあるようです。

名画ベストテン

華麗なるギャツビー

ロバート・レッドフォードの華麗で

エレガントな遊び心のある

スーツスタイルの神髄が学べるようです。

特に注目すべきは、襟付きでは

あるが、ダブルのベストの

スリーピースです。

小物の襟ピンや懐中時計の鎖や

コンビ靴なども魅了させられます。

②シャレード

ケーリー・グラントの渋い燻し銀の

着こなしが魅力的です。

またゆったりしたグレーのスーツに

白いシャツで派手さの無い

無地のネクタイを

端正に結ぶという着こなしは、

学ぶに値すると思います。

③北北西に進路を取れ

ドブネズミルックの

グレーのスーツですが、

上着が少しタイトでズボンが太めの

グラントの50年代スタイルの着こなしは

普遍的なようです。

クラシックな感じではあるが、

清潔感、社会性、控えめさ、上品さなどが

備わっているのです。

④アニー・ホール

ウディ・アレンのヤボに見えるが、

粋な着こなしは素晴らしいと思います。

ツイードジャケットに

チェックのシャツという組み合わせや、

色柄のTシャツと太めのチノパン、

コーデュロイパンツなどの

ラフな着こなしは何とも言えないほどに

魅了させられます。

⑤泥棒成金

とにかくケーリー・グラントの渋さが

際立っているようです。

スカーフなど小物を使ったシニアの

カジュアルな上品さを醸し出しています。

首元に巻いて華やかさが出てくるのも

グラントならではと思います。

グレーのブレザー、白シャツに

アスコットタイという組み合わせも

オシャレです。

⑥ブリット

何と言っても、格好いい

スティーブ・マックイーンの着こなしは

注目です。

ツイードジャケットは、もともと

野暮ったい感じに見えますが、

暗色のニットやスラックスが

それを見事に引き締め、洗練された

印象を与えるのはマックィーンならではと

思います。

⑦炎のランナー

英国紳士の服装図鑑とも評される

太いストライプに特徴のある

20年代のケンブリッジ大学の

様々なスタイルが垣間見られる

貴重な映画だと思います。

⑧パリの恋人

ミュージカル作品ならではの

装いが素晴らしいです。

ノータイで、ネクタイをベルトの

代わりに使ったり、2色使いの靴など

遊び心がとてもいいです。

⑨太陽がいっぱい

アラン・ドロンの有名な映画ですが、

上流階級のリゾートスタイルは

なかなかの圧巻です。

⑩オリエント急行殺人事件

ドレススタイルのルーツが学べたり、

アンソニー・パーキンスの

ブレザー・スタイルは着こなしの

参考になると思います。

最後に

本当に、映画によって、着こなしを

学べるということを痛感しました。

ひとつの映画の見方として、

とても興味深いと思いました。

映画は実に様々なことを教えてくれるので

出来るだけ数多くの作品を

視聴すべきだと思うのですが

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。