妖怪の本は水木しげるでブームに全国各地で妖怪伝承健在

はじめに

日本全国に妖怪の町が点在して

いますが、何かしら滑稽で

親しみやすいのが妖怪のような

気がします。

伝説が残っていて、存在感を

感じられる妖怪の町を探訪するのも

興味深いものがあります。

是非夏の間に涼感を求めて行くのも

一興かもしれません。

全国各地の妖怪について

①岩手県遠野市

柳田国男の「遠野物語」の舞台として

有名なところです。

気軽に楽しめて、妖怪の空気を

感じられるそうです。

座敷童やてんぐの伝承もあるようです。

②鳥取県境港市

ゲゲゲの鬼太郎原作者水木しげるの

出身地です。

水木しげるロードでは、177体の

妖怪ブロンズ像が出迎えてくれます。

③徳島県三好市

柳田国男がコナキジジと紹介した

児啼爺の里です。

道の駅大歩危に妖怪屋敷があり、

ユーモラスな妖怪たちを

展示しているそうです。

④広島県三次市

日本初の妖怪博物館

三好もののけミュージアムが今年4月に

開業しました。

⑤京都市左京区

貴船神社に伝承される牛鬼は、口の軽さが

災いして、罰として舌を八つ裂きにされ

死後に牛鬼となって祭られたそうです。

⑥沖縄県各地

心が澄んでいる人にしか見えないという

キジムナーは、木の精霊です。

⑦京都市上京区

陰陽師の安倍晴明を祭る晴明神社があり、

頭は猿、胴は狸、手足は虎、尾は蛇である

鵺を祭る鵺大明神があり、

大将軍商店街では、10月に妖怪にふんし、

商店街を、練り歩く

一条百鬼夜行があります。

⑧栃木県那須町

九尾の狐で、殺生石に変身して、

近寄ると災いをもたらしたそうです。

今でも周囲に硫化水素ガスを

発生し、死をもたらすそうです。

⑨京都府福知山市

源頼光が討ち取ったたと言われる

酒呑童子は、鬼の代表格です。

大江山には鬼の洞窟、博物館近くには

鬼の足跡があるそうです。

⑩島根県松江市

怪談は文化資源であり、それを有効に

活用しているようです。

化けガメ、巨大な石像、怪談ツアーも

あるそうです。

最後に

日本は、世界一妖怪が多い国だそうです、

全国各地に妖怪の逸話やエピソードが

あります。

妖怪について、知識を高めてから

該当の場所を探訪すると、きっと

楽しくなると思います。

妖怪研究家の湯本豪一さんは「心の不安、

自然に対する畏怖、闇の中でうごめく

気配などから何かを見いだして

ビジュアル化したものが妖怪だ」と

述べています。

水木しげるのゲゲゲの鬼太郎は

あまりにも有名で、妖怪ブームを

惹起した最高傑作だと思います。

地元鳥取県境港市は、伝承されてきた

妖怪よりも水木しげる創作の

キャラクターが多いそうです。

兎にも角にも妖怪は、

日本の文化資源でもあるので、

今後も大事にして、

伝承していくべきかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。