プラごみ削減の取り組みで海洋汚染対策の行方

はじめに

G20でプラごみ削減についても

話し合われるが、日本が世界を

牽引していかなければならないと

思います。

技術革新によって各企業が

プラごみ削減に熱心に取り組んで

いますが、その点に関しても

世界に発信してリードして

いくべきです。

生態系の破壊阻止のために

レジ袋対策について

20204月以降に、レジ袋有料化を

政府が打ち出しています。

スーパーでは、既に有料化やマイバッグ

持参の利用客が増加しています。

コンビニエンスストアにおいても、

2030年までに、

セブン&アイ・ホールディングスは、

プラスチック製レジ袋使用量ゼロを

目指しています。

またイオン傘下のミニストップは

624日から千葉県内の2店舗で、

レジ袋13円と有料化の実験を

始めたようです。

年内には全国約40店舗に

拡大するそうです。

ローソンは平成29年から、一部で

サトウキビ原料を使ったレジ袋を

使用したりしています。

ファミリーマートは1店舗あたりの

プラ原料使用量を12年比で

3割減らしたようです。

レジ袋有料化は、消費者が量を減らしたり

マイバッグを持参するようになるので、

レジ袋削減に有効だと思います。

レジ袋の行方

2018年の国連の使い捨てプラスチックに

関する報告書によると、

世界で毎年1兆から5兆枚のレジ袋が

消費されているそうです。

ある報告書によるとレジ袋は

12分後には捨てられているそうです。

このような一瞬でなくなるのに

果たしてレジ袋が必要なのかと

思ってしまいます。

世界中で年800万トン以上のプラごみが

海洋に流出しています。

プラごみが海洋に及ぼす影響として、

①袋のまま海に運ばれる場合

ウミガメが食べ腸閉塞などを発症します。

また、光を遮断して海藻の生育を

阻害します。

②紫外線を浴び、波で5ミリ以下に粉砕され

マイクロプラスチックと化して

海で漂流する場合

魚が食べてしまうのです。

また、海底に付着し覆いのように

広がるので生物が酸欠状態になります。

以上のように、海洋汚染が

生態系に様々な形で波及していくのです。

そしてついには、

食物連鎖上位の人間が、その魚を食べると

当然、人体に影響を及ぼすのです。

プラごみ削減のための企業の取り組み

①キリンビバレッジ

リサイクル樹脂100%のペットボトル商品

②三菱ケミカル

微生物の力で自然分解される生分解性

プラスチックを開発

③アキュラホーム

間伐材などをスライスして巻いた

木製ストローを開発

④はるやま商事

再生ポリエステル生地100%

ワイシャツを開発

⑤日本製紙

紙ベースのフィルム相当性能の

バリア素材を開発

⑥セブンイレブン・ジャパン

全てのおにぎりの包装に植物由来の

プラスチックを順次導入

以上のように、各企業ともその技術力を

駆使してプラごみ削減のために精力を

傾注しているようです。

最後に

日本は2035年までに、すべての

プラごみを有効利用する資源循環戦略を

高らかに宣言しました。

大阪G20で海洋プラスチックごみ問題は

主要テーマです。

政府が打ち出しているスーパーや

コンビニでのレジ袋有料化は、その対策の

ひとつです。

同時に各企業がプラごみ削減のための

技術を高めていくのもとても重要です。

地球問題対策は、もともと自然と

共生してきた日本及び日本人の

得意分野だと思います。

ゆえに、日本人の叡智を世界に

拡散していくべきです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。