ホリエモンのおすすめ本!あり金は全部使え貯めるバカほど貧しくなる

はじめに

ホリエモンのまたまた衝撃的な

タイトルの本に

遭遇してしまいました。

手に取り、思わず

購入してしまいました。

いつものように買ったその日には、

完読したのです。

『あり金は全部使え』です。

「安定志向は豊かな人生の放棄」と

いう言葉が印象に残りました。

次にこの著作を順次追っていきたいと

思います。

①安定志向はゴミ箱に捨てろ!

確かに、安定志向という言葉は

心地良いかもしれません。

でも若いうちから、安定志向だと

何の面白味もないのではと、

危惧します。

キューバの革命家カストロが

あえてリスクを犯し、行動したからこそ

革命という大偉業を成し遂げたように

安定志向はゴミ箱に捨てた方が

大成功することが

あり得るということですね。

リスクが免じられている環境では

人は成長出来ないということだと

思います。

ホリエモンが言うように、手持ち資金で

ベンチャーにチャレンジするなど

自由に生きて、存分にお金を使って

楽しく豊かに人生を

走り続けたいものです。

貯金に囚われて、お金の活力を

死滅させてはならないということですね。

②欲望のままに遊び倒せ

以前、ベ平連の小田実の

「何でも見てやろう」という著作が

有名でしたが、ホリエモンも

同じような考えですね。

とにかく

何でもやってみるということですから、

小田実より

突き進んでいるかもしれないです。

やりたいことを後回しにしない、

先送りしないということだと思います。

③金で買える時間はすべて買え

ホリエモンは、お金よりはるかに

貴重なもの、それは時間だと主張します。

もしやりたいことや欲しいものがあれば、

お金を借りてでも願いを叶えて

欲しいとの事です。

お金を用意している間に好機を逸したら、

何の意味もないということです。

電車に乗る時間があるくらいなら、

タクシーを使って時間を確保しろと

いう事ですね。

④チンケな節約をやめろ

格安スマホでなく、最新の最高スペックの

スマホを選択すべきだともホリエモンは

主張します。

なぜなら、格安スマホは設定が面倒で

使用制限があるからです。

大切な情報入手のためのツールは、

安ければ、入ってくる情報も質も

比例して低くなる傾向があるようです。

⑤財産を信用に変えろ

ホリエモンによると、あなたが使った

お金はあなたに返ってくるそうです。

しかも、信用という名のブランドに

形を変えてくるようです。

⑥ゴールを設定するな

ゴールを設定すると、ここまで行けば

達成とか、ここで終わりとなります。

ゴールを決める必要は無いようです。

今を楽しんで、気の向くまま思うまま、

自分の世界を広げ、何にも縛られない

無限の自由を生きることです。

お金は、使いまくって面白いことを

好きなだけやろうとホリエモンは

提案しているのです。

最後に

ホリエモンは、若手オピニオンリーダーで

インフルエンサーだと言っても

過言ではないと思います。

日本人の貯金信仰をぶち壊す

アリとキリギリスの寓話を逆手に取る

考え方は、とにかく面白いと思います。

まさかの時に役立つのは、お金で培える

知恵とか豊かな経験であって、

蓄えつまり貯金では無いとのことです。

蓄財は人生を萎縮させるので、

あり金は全部使えという

ことになるのですね。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。