受験英語文法重視でおかしい!英会話は 決まり文句暗記の真偽

はじめに

4技能均等とか民間試験導入などと

日本の英語教育に関して

喧しいですが果たして

どれだけの日本人にとって

今回の英語試験改革が

有効性を持つのか極めて

疑問点を残すもののような

気がしてならないです。

有識者の意見で史上最悪の

英語改革とあったのは注目です。

日本の英語教育について

確かに日本の英語教育は、

実践英語とは程遠く、なかなか

英会話が出来ないもどかしさがあると

思います。

にもかかわらず、大学受験においては

最重要科目という大矛盾の中に

あるのは確かです。

この矛盾故に、何度も英語改革が

実施されたのですが、

あまり効果がなかったようです。

今回も4技能均等とか民間試験導入など

と言われていますが、

果たしてどのようなものでしょうか。

長年英語教育に携わってきた有識者の

意見を参考にしてみたいと思います。

安河内哲也氏の意見

一般財団法人実用英語推進機構代表理事・

東進ハイスクール講師の安河内哲也氏は、

難解なリーディングや文法中心の

大学入試を改革して、スピーキングを

取り入れると、

高校生が4技能を習得出来るのでは

ないかという意見のようです。

すなわち受験英語が変われば

英語教育が変わるという事です。

阿部公彦氏の意見

東京大学大学院教授(文学部・

英語英米文学専修課程)の阿部公彦氏は

過去の文科省の英語政策がことごとく

疑念がありながら、また誤った方向に

向かっているとの意見です。

上っ面なオーラル英語偏重の結果、

学生の基礎知識がない上に、

単語も構文のルールも知らない者が

多過ぎるのが大学で教えている

実感とのことです。

要するに、今回は史上最悪の

英語改革であり、民間導入は今すぐ

見直せという事のようです。

 

鳥飼玖美子さんの意見

英会話の決まり文句だけの暗記は、

真のコミュケーション能力は

育たないし、試験で会話力を

一律に採点するのは至難の業であるという

意見です。

要するに、日本語の思考力が必要で、

読む量を増やすことであり、

暗記では会話能力は

伸びないという事のようです。

最後に

有識者の意見も

様々なものがあるようです。

日本の英語教育がなんらかの点で

変革が必要だと思うのですが、

何がベストかというと、

難しいものがあると思います。

鳥飼玖美子さんが言うように、

試験対策の会話は本来の会話ではなく、

外国人が試験問題のように

話すわけではないのです。

相手に自分の思いが伝達出来、

理解してもらえることが重要で、

試験ではかられるような

ものではないのです。

論議を尽くし最善の英語教育を

目指してほしいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。