信用スコアデメリット考慮しキャッシュレス国家化推進の可否論議

はじめに

ヤフーとLINEが独自の

信用スコアリングサービスを

開始したようです。

ユーザーの購買履歴や

支払履歴などのデータを解析して

スコア化し自社で活用したり

他の企業に提供しているようです。

この信用スコアで先行する

中国ではより一層為政者に

好都合なものです。

中国の信用スコアについて

アリババの傘下にある金融サービス

会社アント・フィナンシャルが

ジーマ信用を運営しています。

ジーマ信用は、アリペイの使用状況や

返済記録、学歴や職歴、資産状況や

交友関係などの個人情報から、

信用スコアが算出されるサービスです。

950点が最高で、350点が最低です。

700〜950点は信用極好、

650〜699点は信用優秀、

600〜649点は信用良好、

550〜599点は信用中等、

350〜549点は信用較差というふうに

呼ばれ、格付けされるのです。

信用スコアを、上げるポイントは

素性が明らかで、一定の収入や

資産があり、延滞事故などがなく

アント・フィナンシャルのサービスを

利用することです。

信用スコアが高いと、数々の

メリットがあります。

ホテルやレンタカーなどのデポジットが

不要になったり、ビザ申請がネット上で

出来たり、提出書類が

簡素化されるのです。

スコア化のデメリット

スコアの低い人が就職や結婚で

不利になるということです。

いわゆるバーチャルスラム(仮想貧困)と

呼ばれています。

体制に批判的な人が最低のスコアを

つけられたり、長距離列車のチケットを

購入出来なくなったりというケースも

あるそうです。

日本の場合について

日本政府は、10月の消費税増税を

契機に、消費が冷え込まないように

対策として、ポイント還元を

推進しています。

QRコードによって、キャッシュレス

決済が大幅に増えると思われます。

これによって信用スコア化が

進行していくかもしれないです。

ユーザー側の事情には、

関係なく信用スコアで絶えず

格付けされるのです。

最後に

セブンペイの不正利用事件が

発覚したばかりで、日本の場合は

スタート時点で不備が露呈された

感があります。

セブンペイ不正利用事件は、国際

サイバー犯罪です。

900人分のIDが乗っ取られて、

5千万円以上の被害が出たのです。

加熱式たばこの購入に大半が使われ、

中国の組織の犯行が疑われています。

犯行グループは海外から不正な

ログインやチャージを繰り返し、

対策される前に一斉に

まとめ買いをしたようです。

このような犯罪に対しては、

警戒するのは当然ですが、

日本が目指すべき信用社会は、

決して中国のようなスコア化で

あってはならないことです。

今一度日本のキャッシュレス国家化を

推進すべきかどうかを真摯に

論議すべき時期だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。