ザ・ファブルは南勝久の人気漫画実写版で大型アクション満載

はじめに

ザ・ファブルは南勝久の人気漫画を

実写映画化した作品で必見だと

思います。

狙った相手を6秒以内に瞬殺する

天才的な殺し屋として

裏社会で驚愕される

通称ファブル(岡田准一)

1年間、大阪で一般人

として普通の生活を送ることを

命令されますが次々に

周囲が変動します。

岡田准一について

V6の岡田准一というより、俳優としての

力量がグングン上がってきているのです。

そもそもの岡田准一の経歴をたどると、

19959月、V6に加入し、

同年111発売の「MUSIC FOR THE 

PEOPLE」でCDデビュー(当時14歳)

をします。

1999年、堀越高等学校を卒業して、

2003年、映画『COSMIC RESCUE

(コスミック・レスキュー)』で

映画に初出演します。

同年には、2002年放送の主演テレビドラマ

『木更津キャッツアイ』の

映画化作品『木更津キャッツアイ 

日本シリーズ』で、

単独での映画初主演を果たしました。

2006年、主演映画『花よりもなほ』の

演技で日刊スポーツ映画大賞・

石原裕次郎新人賞を受賞しました。

2014年、『軍師官兵衛』でNHK大河ドラマ

初出演にして主演を務めます。

圧巻の演技で、大河作品の中では、

すぐに想起出来るほどのものになったと

思います。

2015年、第38回日本アカデミー賞において

『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、

『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞を

ダブル受賞したのです。

男優賞での最優秀賞のダブル受賞は同賞で

初めてです。

『永遠の0』は、画期的な映画で、

昭和史に対する認識を変動させるほどの

仕上がりになったと思います。

20171223日、『天地明察』で共演した

女優の宮﨑あおいと結婚しました。

岡田准一も宮崎あおいもNHK大河ドラマで

主役を演じていますが、演技力あるもの

同士の結婚には、意外な感じがしたのは

私だけでしょうか

2018年、主演作品『散り椿』が、

42回モントリオール世界映画祭で

最高賞に次ぐ審査員特別グランプリ

受賞しました。

実に俳優人生としては、

順風満帆のようです。

今回も、裏社会の殺し屋の役を

見事に演じています。

まさに新境地を開拓した感じです。

映画のストーリー

ファブルを育てたボスが

1年間、一般人として普通に暮らせ。

休養中に誰かを殺したら、俺がお前を

殺す」という指令を与えられるのです。

ボスには絶対服従のファブルは、

ボスの友人で裏社会組織の社長の元に、

1年間預けられることになるのです。

佐藤アキラという偽名で、ヨウコを

妹という設定で、大阪で、

一般人として、普通の生活を送る

ことになるのです。

真面目に普通の生活を送るために、

アルバイトしたり、ボスにもらった

インコを育てたりします。

アルバイトは偶然出会った清水ミサキに

紹介してもらったのです。

一方、ヨウコは普通の生活に耐えかねて、

アルコール浸りの毎日です。

しかしながら、いくら普通の生活を

しようと頑張っても、

いつしか周りがファブルを

放っておかないのです。

ファブルの存在は、都市伝説だから、

ファブルを倒したら、自身が

都市伝説になると考え、ファブルを

追い続けるのは若き殺し屋フードです。

また海老原の弟分で、刑務所を

出所したばかりの小島と専務の砂川との

対立が蠢きあうのです。

ある過去のあるミサキが小島にそれで、

脅迫されていたのだが、対立する

砂川の手のものに小島もミサキも

誘拐され、拉致監禁されてしまうのです。

ミサキの事を大切に思うアキラとヨウコが

救出に向かう決心をするのです。

「殺さず」というボスの指令を守って、

想像を絶する敵に立ち向かうのですが、

果たして指令を守っていけるのか

最後に

この映画の、豪華俳優陣にも

驚嘆させられました。

佐藤浩市、向井理、柳楽優弥、福士蒼汰、

木村文乃、山本美月などです。

ストーリーも役者も言うことなしです。

この初夏最強の度肝を抜くアクション

エンターテイメントだと思うので、

お勧めの邦画作品です。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。