G20大阪!米中首脳会談の成果次第で形骸化阻止可能性の有無

はじめに

大阪G20がいよいよ開幕します。

米中首脳会談は629

開催されます。

果たして何らかの米中貿易戦争の

終結へ向けて方策が見つかるのか

注目です。

G20の議題は次の4項目です。

①世界経済②イノベーション

③格差・インフラ④気候変動

人権や保護主義が無いです

交通規制などのデメリット

主な市民生活への影響

①学校など

すべての府立、市立学校が休校

一部の企業も休業

②公共交通機関

大阪メトロ中ふ頭駅が3日間利用停止

空港リムジンバス、高速バスなど複数運休

③医療機関

咲洲内の医療機関で一部臨時休診

④大阪市は資源ごみなどの収集を

3日間休止

⑤配送の日時指定を一部制限

以上のように市民生活に多大な影響が

出るようです。

これだけのデメリットを有しながら、

成果が期待出来ないと、

何のためのG20かと思ってしまいますね。

今こそG20の形骸化を阻止すべく

議長国の日本は

踏ん張らねばならないのです。

G20歴代議長国と合意内容

200811

ワシントン(米国)

金融危機へ一致して対応、保護主義を拒否

20094

ロンドン(英国)

財政政策、金融規制

20099

ピッツバーグ(米国)

G20サミットを毎年開催

20106

トロント(カナダ)

先進国の財政赤字を半減

201011

ソウル(韓国)

通貨の競争的な切り下げ回避

201111

カンヌ(フランス)

欧州危機へ結束して対応

20126

ロスカボス(メキシコ)

欧州危機で各国の自助努力求める

20139

サンクトペテルブルク(ロシア)

シリアへの武力行使に打開策見いだせず

201411

ブリスベン(オーストラリア)

ロシアのプーチン大統領が予定切り上げ

帰国、ウクライナ問題非難で不満か

201511

アンタルヤ(トルコ)

テロ対処で連携

20169

杭州(中国)

首脳宣言に「英国がEUの緊密な

パートナーであることを希望」

(11)20177

ハンブルク(ドイツ)

米国以外で「パリ協定は不可逆的」共有

(12)20181112

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

首脳宣言から「保護主義と闘う」削除

G20について

G20とは、G7に中国、インドなど

新興国を加えた20ヶ国・地域のことです。

G7には、日本、米国、英国、カナダ、

フランス、ドイツ、イタリアの先進国が

あります。

G7では解決しきれない問題も

数多く噴出してきたので、

門戸を広げたのですが、船頭多くして

船進まずの状況が出つつあります。

最後に

大阪G20は、日本が初の議長国として、

リード出来るかどうかです。

問題は山積しています。

2008年の世界金融危機対応のために、

ワシントンで開始されたG20

役割は、2009年の第3回ピッツバーグで、

事実上終了したとの認識があるようです。

G20が既に形骸化し、米政権もさほど

重視していない様子も伺えます。

単なるショーだと仕様もないですね。

これだけのデメリットがありながら、

日本は議長国の役割を

果たさなけれならないので、

割りが合わないと言っても

過言ではないと思うのですが

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。