神戸のビアガーデン3選!新型猛暑を乗り越えて行く覚悟が必要

はじめに

いよいよビアガーデンの

季節到来ですね。

神戸の魅力的な

ビアガーデンですが、

メリケンパークオリエンタルホテルは

ロケーションが抜群で神戸の夜景が

一望できます。

また、そごう神戸店が、本館屋上に

市内のトップをきってビアガーデンを

オープンしています。

最後に、ホテル ラ・スイート神戸

オーシャンズガーデンは、平日限定の

高級ビアガーデンだそうです。

メリケンパークオリエンタルホテル

ホテル内のテラス付きのレストランが

ビアガーデンになっています。

なんと言っても神戸の夜景を

見晴らせるのが素晴らしいです。

和洋中の極め付きの料理が

バイキング形式になっているのも

魅力です。

バーカウンターもあるので、

一人飲みも可能です。

営業時間〜午後5時から9時半120分間の

バイキング形式

料金〜平日4,900円、土日祝日85,900

住所〜神戸市中央区波止場町56

電話〜078-325-8110

そごう神戸店

419日、市内で最初に

そごうスカイビアガーデンを

オープンしたようです。

なんと言っても週替わりで自慢の

クラフトビールが注文できます。

オシャレな雰囲気なので、

女子会にもピッタリだそうです。

営業時間〜午後4時半から10時半

料金〜食べ飲み放題の

120分間コースがあり、

男性3,800円、女性3,400円、

中学生2,700円、小学生1,400

毎週月曜日はシニアデーで、

60歳以上3,000

木曜はレディースデーで女性2,600

その他、午後6時半までに退出の

早割プラン、

8時半以降入店の遅割プランもあります。

住所〜神戸市中央区小野柄通818

電話〜078-242-6671

ホテル ラ・スイート

館内のカフェレストランで、

本格的なフレンチやソムリエが

厳選したワインが飲める

平日限定高級ビアガーデンを

オープンしたようです。

まるで南フランスのリゾート地に

いるような雰囲気のテラス席です。

まばゆいばかりの神戸港の

ライトアップした絶景が見晴らせる

筆舌に尽くしがたい美しさを

満喫できるビアガーデンだそうです。

営業時間〜平日午後6時から8

最終入店、9時半ラストオーダー

料金〜120分間の食べ飲み放題で6,000

住所〜神戸市中央区新港町12

電話〜078-381-7425

最後に

今年は、早くから真夏日があり、

急に夏到来という感が強いです。

最近の日本は、亜熱帯性の気候に

なったのではと、思ってしまいます。

こういう暑いときに、大ジョッキで、

グイッと飲むビールは格別です。

定番メニューもいいですが、

高級志向でフレンチや

バーベキューも楽しめるビアガーデンが

増えてきたのも働く女性や若者を

参入させようという企業努力が

垣間見えますね。

とにかく暑さを吹っ飛ばし、

これからの猛暑を

乗り越えていきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。