X-MEN ダーク・フェニックス超能力で人類との共存共栄可能性

はじめに

X-MEN ダーク・フェニックス」は、

人間と人類の進化形とも突然変異とも

言えるミュータントが共存して、

悪と戦っているのですが

偶然、主人公のジーン・グレイが

ダークサイドの人格=

ダーク・フェニックスを

覚醒してしまうのです。

その悪が身内のX-MEN から出現するという

悲劇、さらに人類の絶滅を

招来してしまうのではと思われるのです。

映画のあらすじ

ジーン・グレイは、少女時代に

交通事故で両親を失いプロフェッサーXに、

目をかけられ、ミュータントの仲間たちと

育ったのです。

大人になったジーン・グレイは

X-MEN の中心的メンバーに

なっていったのです。

今やX-MEN は、その活躍によって

世間に受容され、大統領さえ全幅の

信頼を寄せていたのです。

ある日、X-MEN の任務として、

宇宙空間で事故を起こしたNASA

スペースシャトルを救出する

任務を遂行したのです。

ところが、その任務の遂行中に、

ジーンは熱放射を浴びて生命の危機に

瀕しながらもなんとかクルー全員を

救出することに成功したのです。

しかしながら、この事故によって、

なんらかの驚異的な能力が開花し、

自身のパワーをコントロール

出来なくなってしまったのです。

ジーンのダークサイドの人格いわゆる

ダーク・フェニックスが覚醒したのです。

それからプロフェッサーXがジーンに

対して、長い間封印して秘密に

していた事を、ジーンは自ら調査して

事の真相が判明すると、

プロフェッサーXに怒りの炎が

燃えたぎり、収拾がつかなくなる程、

自身のパワーを制御出来なくなるのです。

そこへ接近してきた謎の女が

ジーンのパワーを悪用せんとするのです。

地球を破滅しかねない程に

なってしまったジーンに対してX-MEN

その結束が揺らぎ始めるのです。

今や敵となってしまったジーンを

抹殺すべきかどうかで葛藤するのです。

ダーク・フェニックスは今や人類の

敵と見なされ、世論も反ミュータントに

傾斜していくのです。

果たして、この結末はどうなるのか

X-MEN は、ジーンに対してどう

立ち向かうのか

最後に

強力なテレパシーとサイコキネシスの

超能力を持つジーン・グレイが

主人公で、史上最大の脅威が

X-MEN に襲来するという

ストーリーになっているのですが、

今回の敵は、X-MEN の身内から

出現するという設定が、非常に

興味深く思いました。

ストーリーの展開も各シーンも

素晴らしい出来映えで、

息つく間もなく、時間が経過して

あっと言う間に上映時間が終了したという

感じです。

こんなにも面白いSF映画は、

他にないのではと思います。

終了しても暫時余韻に

浸っていたほどです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。