自動運転技術開発競争にベンチャーの日本企業参入し今後の課題解決

はじめに

Googleが断トツでひとり勝ちと

言われる中で日本のベンチャーが

猛追しているようです。

自動運転ベンチャーT ier 会長兼

CTOの加藤真平氏が自動運転技術

開発競争に果敢に

チャレンジしているのです。

加藤氏は自動運転用OSである

オートウェアを

開発しました。

加藤真平氏について

1982年生まれで、東京大学大学院

情報理工学系研究科准教授です。

2004年慶應義塾大学理工学部情報工学科

卒業で、2008年同大学院理工学研究科

開放環境科学専攻後期博士課程修了(工学)

カーネギーメロン大学客員研究員、

名古屋大学大学院准教授等を経て、

201512月に T ier (ティアフォー)

創業したのです。

加藤氏のこれまでの取り組み

201712月に加藤氏は、日本初の

公道での完全自動運転の実証実験を

行ったのです。

201812月には、一般社団法人

オートウェアファウンデーション(AWF)

設立しました。

彼はオートウェアを独占したり、開発者の

一存で、使用不可能になるリスクを

回避するために、オープンにしています。

それで世界中の

25社以上の企業や団体が参加し、

現在、毎月10社ほども参加が

追加されています。

加藤氏には、世界中に開発拠点を作り、

環境ごとに個別開発が出来るという

思惑もあるのです。

加藤氏の今後の展望

ティアフォーは、三次元地図データの

配信やライドシェアアプリや

遠隔操縦システム、リスク管理サービスを

構築しようとしています。

加藤氏は、将来必ずや、交通弱者の増大と

労働力不足が喫緊の課題となるであろう

地域交通をサポートする自動運転技術の

開発というものを見据えているのです。

地域の交通に関する課題を解決する

自動運転技術で市場開拓し、

世界中に事業を

展開していくつもりのようです。

競争相手の中国の場合

中国の百度(バイドゥ)も自動運転開発の

プラットフォームであるアポロを

オープンソース型にしているようです。

しかしながら、各国の業界での評判は

微妙で気になるところです。

すなわちソースコードがオープンでなく

サポートもないそうです。

いつ急に使用不可能になるか

わからないので疑心暗鬼になっている

自動車メーカーが多いようです。

最後に

とにかく自動運転技術では、壮絶な

開発競争に突入したようです。

勝ちを制するのは、巨大IT企業か

日の丸ベンチャーか、ますます

目が離せない状況が

招来しているようです。

日本のお家芸とも言える自動車で

その延長した形とも言える自動運転技術

で、勝ちに行けば、日本は

再び世界の牽引者の立場に

立つことになるのでは

ないでしょうか。

その意味でも加藤氏の果敢な

チャレンジ精神に拍手を送りたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。