ピカチュウ実写映画鑑賞後その普遍的人気を再認識

はじめに

大人も子供も楽しめる

名探偵ピカチュウを

伊丹東宝シネマズで

鑑賞してきました。

人間とポケモンが平和で調和的に

共存するライムシティという

世界

まるで人間とAIロボットの

関係のような未来を

暗示示唆するかのように

私には感じました。

色々な意味で面白いです!

見て損は無い作品だと思います。

日本語吹き替え版キャスト

この作品のボイスキャストが

面白いです。

名探偵ピカチュウが西島秀俊です。

オファーを受けた時、驚いたそうです。

ピカチュウは、凄く可愛いのに中身は

おっさんということで親しみを

感じたとのことです。

ティムが竹内涼真という若手で今が旬の

期待される俳優です。

ポケモン世代とのことで、きっと

楽しく仕事が出来たのではと思います。

リアルにポケモンと生活している

感覚になったそうです。

ルーシーが飯豊まりえで、ポケモンの

ゲームが出たら即購入していたほどの

大ファンだったそうです。

皆さんポケモン愛という感じで、

本当に情熱を注ぎこんでいるなぁと

思いました。

作品のあらすじ

ティムは人間とポケモンが共存する

ライムシティへ向かいます。

父親ハリーの転落事故死を

ライムシティ警察の

ヨシダ警部補に知らされたからです。

ティムは幼い頃から祖母のもとに

置き去りにされたことで、

ハリーのことをあまり

良く思っていなかったのですが、

さすがに転落事故死となると、

向かわざるを得なかったのです。

ライムシティでヨシダ警部補から

ハリーの家の鍵を受け取り到着すると、

そこでハリーの事故の真相を

突き止めたい一心のルーシーという

CNMの美人新米記者に出会うのです。

またティムがハリーの家の中に入ると

突然ピカチュウが現れます。

何とティムとピカチュウは人間の

言葉でお互いに話せるからビックリです。

名探偵ピカチュウはハリーのパートナーで

記憶を失っていることをティムに

告白するのです。

そして父親ハリーが生きていると

主張するのです。

名探偵ピカチュウとティムとルーシーとで

協力しあい、ハリー転落事故死の

真相解明の旅路がいよいよ始まります。

最終シーンの大逆転劇は、

見事に決まったという感じです。

最後に

ポケモンは、世界中で知らない人が

いないほど人気があります。

実写化して、ますます幅広い層に

好感を持たれるのではないでしょうか。

実は、私はほとんどポケモンについては

無知だったのですが、この映画を

鑑賞したことによって、

ポケモン人気がより一層認識出来るように

なりました。

日本のアニメや漫画の偉大さを

改めて知る良い機会だと思います。

是非映画館に足を運んで見て欲しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。