朝食で納豆やヨーグルトなど発酵食品中心に摂取し元気で長生き

はじめに

ヨーロッパの格言に、「朝食は金、

昼食は銀、夕食は銅」というのが

あるそうです。

これこそ先人の知恵ですね。

腸内環境改善にも朝食は

重要です。

故に、食べ方5ヶ条として

①食前にコップ1杯の水を飲む

②野菜と汁物ファーストで

③味噌など発酵食品摂取

④ヨーグルトを摂る

⑤よく噛みゆっくり食べる

以上を踏まえて、継続すれば、

健康的な毎日を過ごせるということです。

発酵食品について

発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌を

含み、自律神経を整え、腸内環境を

改善するので、朝の便通が

スムーズになるのです。

乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれる

食品として、ヨーグルト、漬物、納豆、

味噌などの発酵食品があげられます。

発酵食品には、整腸効果があるので、

悪玉菌を減少させ、善玉菌を増加して、

腸内環境が整ってくるのです。

腸内環境が整ったら、

副交感神経(自律神経)が優勢となり、

血流が上がり血行が良くなるのです。

血行が良くなれば、心筋梗塞や

脳梗塞の予防にもなるし、

ガンの発生率も低下するのです。

発酵食品ベスト5

①納豆

②漬け物

③味噌

④酢

⑤ヨーグルト

納豆は、言うまでもなく最強の

発酵食品です。

ナットウキナーゼが血液をサラサラにして

血圧を正常化したり、脳梗塞を防ぐ

働きをするのです。

漬け物はなんと言っても、乳酸菌と

食物繊維の2大パワーです。

ぬか漬け、野沢菜漬け、キムチが

代表格だと思います。

味噌には3種類の微生物、すなわち

麹菌・乳酸菌・酵母が腸内環境を

整えてくれるのです。

それ故に、

味噌汁は毎日飲んだら、胃がんの

発症を抑制するとも言われます。

酢には、腸内環境を改善したり、

血行促進の働きがあります。

ヨーグルトは、栄養素がバランス良く

含まれています。

毎日継続して摂ると、効果的です

発酵食品を含むレシピ5

①納豆の漬け物和え

不安を抑え、不眠解消。

②ウドの酢みそ和え

目の疲労回復や関節炎の痛みに効果的。

③ヨーグルトサラダ

肝機能アップやアレルギーの不快感緩和。

④新じゃがいものみそ汁

血圧の安定に効果的。

⑤キャベツとセロリの水キムチ

免疫力アップし、食欲促進。

最後に

腸内環境を整えることが、いかに

大切かということがよくわかります。

やはり健康で長生きするというのが

万人の願いだと思うのです。

規則的な食事は、とても重要で、

特に朝食の重要性は、世界的にも

強調されるところです。

前述したように、発酵食品の効用を

常に意識して食事を摂れば、

健康的な生活を維持できると思います。

そして100歳時代と言われる日本で、

ピンピンコロリという事を

目指して頑張りたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。