デカトロン行ってみた阪急西宮ガーデンズはおすすめ

はじめに

昨日は、西宮のデカトロンに

行きました。

さすがに、世界最大規模の

スポーツ&アウトドア用品店だけの

ことはありますね。

高機能で低価格を標榜するだけあって

どの商品を手にとっても、

世界を席巻するはずだと

感服するばかりの安さでした。

ワークマンプラスと共に4000億円市場の

ブルーオーシャンに突入するのでしょう。

デカトロンは、2019年3月29日に

兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズに

進出しました。

フランスから平成最後の黒船が

やってきたと、かなりの反響でした。

デカトロンは2020年の東京オリンピックを

視野に入れていることは間違いないです。

デカトロンについて

デカトロンは、1976年フランス北部の

街リールで創業しました。

デカトロンは、世界最大の

スポーツメーカーで自社開発の

PB(プライベートブランド)を製造販売

しているのです。

例えば、ケシュアやカレンジやドミオスは

有名なブランドです。

デカトロンベストバイ(全て税込価格)

①フォルクラ登山・トレッキングテント

1万8,900円

②ケシュア登山・ハイキングバックパック

390円

③ケシュアキャンプランタン・ライト

3,090円

④ケシュア登山・ハイキングジャケット

8,290円

⑤ケシュア登山・ハイキングポール

1,890円

⑥ケシュア登山・ハイキングシューズ

1万900円

⑦ケシュアキャンプマットレスエアーマット

4,690円

⑧フィッシング折りたたみ椅子 1,390円

⑨ウェッゼスキー・スノーボードパンツ

4,290円

⑩シュノーケリングマスクイージーブレス

4,090円

以上、ケシュアがデカトロンの中核の

ブランドだけあって、高機能かつ低価格で

早くから、日本でも通販で購入し、

愛用している人も多いそうです。

フランス現地での愛用者

フランス国内に300以上のデカトロンの

販売店があり、フランス人の誰でも

ひとつは、デカトロンの商品を

持っているそうです。

デカトロンには、ついつい足が

向いてしまうようです。

高機能や低価格だけでなく、デカトロンの

スタッフがアドバイザーの資格十分で、

スポーツに精通しているので

相談しやすいとの事です。

デカトロンのイメージも

フレッシュ・明るい・モダンというような

好感を持たれているようです。

デカトロンの日本での受け入れ

2008年に、H&Mが日本に上陸しました。

H&Mはトレンドファッションの低価格化を

推進しました。

10年後の今回、

デカトロンが高機能で低価格を

売りに進出してきました。

H&Mがファッションの民主化を担い、

デカトロンはスポーツの民主化という

ことになるのでしょうか。

デカトロンは、前述したように

東京オリンピックを意識しているので、

日本国内の店舗網も拡大するのは

間違いないと思います。

最後に

デカトロンという巨大企業が

日本のスポーツ&アウトドア市場を

席巻するような勢いです。

それを迎え撃つワークマンプラスが

どこまで奮闘できるか見ものです。

日本のユニクロも切磋琢磨して現在の

ステイタスを確立したので、

きっと先例にならって

いくのかもしれないです。

あるいは、独立独歩でもいいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。