中国語を筆談でマスター!陳氷雅女史の著書3点セットで

 

はじめに

中国語を勉強するのに、

発音で苦労した経験のある方は、

多いと思います。

陳氷雅さんの著書3冊は、

発音は後回しにして、

筆談でマスター!というのは、

画期的です!まさに中国語学習の

革命ですね!

陳氷雅さんについて

1987年、中国浙江省温州生まれで、

上海杉達大学卒業です。

太宰治が好きで日本留学を決意したそうです。

2012年に、早稲田大学文学部に入学して、

日本語教育と中国語学習法を

専門に研究しました。

以来10年以上日本で中国語の

講師をしています。

「12時間でマスターする

日本最速中国語講座」も主催しています。

担当した生徒の中国語検定合格率は、

なんと99%ということです。

彼女のオリジナルの学習法である

発音体操や世界一やさしい中国語文法は、

好評で人気があります。

日本の語学教育の現状

日本では、ひたすら発音とか文法などいわゆる

語学の勉強ばかりで、コミュニケーション用の

中国語を教えていないのです。

日本における外国語教育なるものは、

「語学」偏重で、上手くコミュニケーションを

とる方法を教えてもらえないのです。

陳氷雅さんによると、

コミュニケーションの本質とは、

相手を理解し、相手に合わせるコツを把握し、

自分の意思を伝達することだそうです。

さらに、会話は瞬発的なものなので、

言葉を考えずに言えるよう

練習しなければならないということです。

中国語の発音学習について

陳氷雅さんは、発音表記のピンインと四声は、

全く練習する必要がないと断言しています。

発音学習は後回しにすればいいとのことです。

それには、三つの理由を挙げています。

①ピンイン表記は日常で使われていない

②ピンインを意識すればするほど発音が変になる

③中国人と日本人は生まれつきの耳の感覚が違う

陳氷雅さんは、10年以上の中国語学習現場で、

以上の3点に気付いたのです。

それで、「ピンインも四声もいらない。

文のイントネーションだけ意識し、

言い切りやすい文の短さにして、

発音表記も日本のひらがなで記せばよい」と

述べているのです。

中国語文法3つのルールについて

陳氷雅さんは、中国語文法については

HYOGA式の3つのルールだけ押さえれば、

十分だと言います。

①動詞がある文は英語と同じでSVO

②SVO以外は日本語と同じ

③形容詞がある文は副詞を伴なう

というのは、

日常会話は3パターンに

集約されるというのです。

すなわち、

①誰かの行動について語る→動詞を使う→動詞文

②何かについて評価する→形容詞を使う→

形容詞文

③質問をする→疑問詞を使う→疑問文

これらを、しっかり押さえたら、

十分通じる文になるそうです。

最後に

これほどまでに、

中国語学習について、

分かりやすく、筋の通った方法で

分析されていると、

これらの陳氷雅さんの著書に

フォーカスして、

勉強すれば、中国語がマスターできるような

気がしてくるのが不思議です。

私自身も、何度か

色々な中国語学習法を試したのですが、

発音学習の煩雑さに

辟易して挫折した経験があります。

今回は、これら陳氷雅さんの

3点セットとも言うべき教材に

集中して頑張ってみようと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。