日本語教育の取り組みで教材や参考書の選定は難しい生教材の日本語教師

 

私が日本語教育に携わる原点ともなった

神戸の日本語学校での授業を

振り返ってみたいと思います。

今回は、大学院進学希望者を対象に、

個別指導を中心に授業を進めました。

留学生の意識は高く、進学の意欲に

満ち溢れているので、指導はスムーズにいきました。

事前に色々な資料を準備し、作成するのは大変な

作業ですが、学生の満足した顔をみるのが

楽しみでシッカリと準備作成に勤しみました。

以下に具体的な振り返りを記述します。

教育実践振り返り(2014年度 第1セメスター後半)

2014年9月24日

大学院進学基礎演習

授業回数:7回
メンバー:4名(中国3名、韓国1名)

到達目標:

研究計画書の構成や基本的な書き方がわかる。

面接で志望動機や研究の概要が説明できる。

周囲のリソースを上手に利用しながら、

各自の立てた計画に従って、自律的に大学院進学準備を進められる。

焦点化すること:

教師サイドで適宜情報源を紹介し、学習者が情報収集を自律的に行い、

進学準備がすすめられるように常に配慮する。

学習者が自らテーマを決め、計画を立てて進められるように、

個別指導等で、適切なアドバイスを提供する。➡︎【オートノミー】

実践内容:

クラス授業と個別指導の組み合わせにより、

各自のニーズと進捗に応じた指導を行う。

進捗の確認、助言などオートノミーの育成に配慮しつつ進める。

使用教材『実践研究計画作成法』などから一部抜粋。

配布資料

滝川好夫『レポート論文はこう書く』より抜粋

工藤美知尋『大学院に合格する研究計画書の書き方』より抜粋

丸山あかね『耳と文章力』より抜粋

小笠原喜康『インターネット完全活用編 大学生のためのレポート・

論文術』より抜粋

新聞記事

「交流育み世界に人脈 大阪府立大、中国の大学と共同学位」 日経7/31

「観光から日本を元気に スポーツ・留学通じ交流 星野リゾート代表」日経8/8

泉忠司『論文&レポートの書き方』青春出版社、2009年より抜粋

サン・テクジュペリ『人間の土地』

「離れていても人はつながっている」

あすへの話題(日本経済新聞)

春秋(日本経済新聞のコラム)

実践の振り返り:

大学や大学院に出願条件など自分が知りたい情報について

問い合わせるように促した。

研究計画書を書く際に、数多くの文献に触れ、できれば、第一次資料収集に励むように

奨励した。

自らの専門はもちろん、専門外の知識も吸収するようにアドバイスした。

年間計画、月間計画、週間計画をたて、今日現在学習すべきことは、

何か常に念頭に置くように指導した。

今後の課題:

本格的な面接指導を取り入れていきたい。

必要に応じて、大学・大学院訪問をして、直接大学当局とコンタクトを取りたい。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。