日本思想と日本語の一考察 

 

はじめに

私が北一輝の研究に取り組み始めたのは、大学院博士前期課程在学中の

事であった。

本論文が完成するまでに、7年以上の歳月が経過したことになる。

私の研究の事始めを指導して下さった大阪大学大学院国際公共政策研究科の

N教授の心暖かいが、厳正・的確なご指導には深く感謝せねばならない。

2001年5月立教大学に於ける政治思想学会での発表においては、

適切なアドバイスを頂き、何か自信のようなものが身についた。

同年12月の博士論文口頭報告審査会では、目から鱗の助言を拝受し、

後の論文完成に大きな示唆を得ることができた。

また拙稿を審査して頂いたF助教授、A助教授にも心から深く

感謝したい。

特にこの論文の作成には、博士後期課程から、

「丸山眞男読書会」に参加させて頂き、この読書会で教わったことが何より

大きな力になった。

なおこの本論文における文章と分析の責任は、すべて筆者にある。

ところで、①何故北一輝研究なのか、②この研究が社会に対してどのような

貢献をするのか、それは③公共政策の観点からどう把握できるのかの問いに

答える必要がある。

まず、①何故北一輝研究なのかの問いであるが、

私が1971年に早稲田大学に入学した時期は、前年(1970年)に、

三島事件や田宮高麿を中心とする赤軍派のハイジャック事件が起こった年であった。

入学の翌年(1972年)は、連合赤軍による浅間山荘事件があったり、

また沖縄返還闘争も激化しつつある状況にあった。

それ故、この70年代は、学生運動が大きくマスコミにクローズ・アップされ、

あの激動の60年安保世代に次ぐもので、70年安保世代と称される時期であった。

これら一連の時代背景のせいか、学生のほとんどが政治的な関心を持ち、

デモに参加したり、何らかのセクトのシンパでもあった。

そのような中で、内ゲバもあり、特に革マル派と中核派の対立は激烈であり、

早稲田の川口大三郎君リンチ殺人事件はそれを象徴するものであった。

現象面において革命の熱情に燃えたぎるブレーキのかからない学生群像が

そこには存在していた。

このような新左翼の間で北一輝に関する関心も昂揚を見せ始め、

ついに北一輝ブームが発生したのである。私はこの時点では、

北一輝に対しては気になりながらも、さしたる関心も無く、

北の著作を読破することなく学生時代を終了したのである。

その後、何年か経過し、あの当時の学生時代とは一体何だったのだろうという

問いかけが胸奥から鬱勃と湧出してきたのである。

とにかく激動の学生時代であったのは確かである。

とにもかくにも新左翼を中心にあれほど関心を持たれた北一輝に対する興味が

鬱勃と湧いてきたのである。

それは、北一輝とは何者か、北一輝を通して学生時代を見つめ直す作業、

それは同時に、この日本の近代以降の歴史、政治、思想等を真面目に再考する

作業ではないかと思えてきたのである。

これは、さらに②この研究が社会に対してどのような貢献をするのかという

問いかけへの答えにも通ずるのではないかと思われる。

北一輝が「人道の大義」を佐渡新聞に投稿し、社会主義思想の研究を開始したのが、

1901年という20世紀の幕開けの時期であった。

その後、『日本改造法案』を携えて、活躍したのは1920年代であり、私の学生時代は

それから約半世紀後の1970年代である。

さらに約四分の一世紀後の2001年というのは21世紀のスタート地点にあるのだが、

日本は内外ともに、激動の渦中にあった。

北一輝の時代は1904年に日露戦争があり、国民の間では、非常な危機感とともに、

一部に非戦論もあったが、開戦論が主流を占めていた。

社会主義思想を堅持していた北であったが、日露戦争に関しては、

幸徳秋水・木下尚江等の非戦論と真っ向から対立した。

2001年以降、対テロ戦争なるものが、日本の安全保障・外交政策などを大きく

転換させようとしている。

当時の小泉首相は逸早く対米協力を打ち出し、従来の政策転換を図ろうとする

姿勢を示した。

歴史は繰り返すというが、北一輝の時代状況を鳥瞰することによって、

日本は過去の失敗を決して繰り返さないためにも何がしかの示唆が

得られるのではないかというのがこの研究の貢献の一つではないだろうか。

この貢献は③公共政策の観点からどう把握できるのかということであるが、

北の国体論批判や『支那革命外史』における日本の為政者の外交政策批判等は、

支配者イデオローグ批判のモデルにもなり得、

『国家改造案原理大綱』での政策提言は現在の地点から見ても、

その政策提言の重厚さは驚嘆すべきものがある。

また個人間の自由競争に敗れた弱者の人権について配慮している点は、

まるで市民社会の役割を彷彿させるかのようなものであり、

「公共政策」に該当すると言えるのではないだろうか。

この「公共政策」は本格的な国家による政治的施策の問題とも言える。

さらに、この研究の成果によっては、これからの改革の方向の一面を示唆する

現代日本国家システムが転換期に置かれていると言われる中で、

十分な指標を得ることもできるのではないだろうか

これまでの社会的活動

私は、大学卒業後、銀行に勤務していたが、教育界へと転進し、

小学校教諭を7年半、高等学校教諭を26年間勤めてきた。

小学校教諭は全科目を担当し、学級担任として種々の行事や雑務もこなしてきた。

高等学校教諭としては26年間という長期にわたって、学級担任、教務部、

進路指導部等の仕事に携わってきた。

教科指導以外では、自主性を生かす演劇部顧問としての演技指導や、

米国オハイオ州デイトン市でのホームスティ引率などを経験してきた。

定年退職後は、長年の教育現場での経験・知識・知恵を活かせる道を考えていたところ、

WJLC(ワールドジャパニーズランゲージセンター)に遭遇し、420時間通信講座で

日本語教師の受験資格を取得できた。

講座修了後神戸の日本語学校の非常勤講師に採用されるに至っている。

日本語教師の道は、日本の文化・歴史・言葉の伝道師であるとの自覚を持ち、

日々努力しているが、日本語を教えるということは、自由に使えるからといって

単純に容易にできるほど生易しいものではない。

日常使っている日本語を客観的に考察し直し、より効果的な指導法を

考えなければならない。

日本語教師として、言語においても、その背景知識においても、

学習者を取り巻く環境への配慮においても、常に情報収集し、

さらに豊富な知識を得る努力をしなければならないと思う。

日本語を教えるということであるが、日本語を言葉としてだけ教えるのではなく、

その言葉にはその言葉を使用する国の文化・歴史・伝統・習慣と密接不可分な

ものがある。

日本語教師は、言葉として日本語に最も深く関わっているので、

日本および日本人の生活習慣・歴史・文化・風俗・政治・自然等のいわゆる

日本事情に通暁しなければならない。

 

今後の計画

私が大阪大学大学院で研究を始めたのは、高等学校教諭の仕事を

継続しながらであっった。

そこで、北一輝研究に取り組み始めた。

北の政治思想は様々な解釈の可能性があるが、未だに、確固とした結論は出ていない。

それ故、いずれも固定した評価が下されているわけではないことを前提とする。

北一輝に対する従来の評価を分けると、4つの類型に整理することができると思われる。

それは、すなわちファシスト・社会主義者・ナショナリスト・近代化推進者であろう。

第1に北をファシストと断定するその根拠は、日本ファシズム形成過程における北の

役割とか、猶存社に所属していたということと、

北の著作である『日本改造法案大綱』をファシズムの経典と決めつけている

ことなどである。

第2に、社会主義者の根拠として、日本の内側の階級対立と外側の国家対立に

それぞれ片足をかけ、この両方を克服しようとして社会主義を構想したことと、

明治の開国以来の問題であった民権と国権の両方の経済的実現に社会主義の理想を

認めたことなどが、挙げられている。

第3に、ナショナリストの根拠として、戦争の危機に直面した大正期と昭和初期に、

北は可能なあらゆる方法で日本の強化をはかろうとしたことと、

北が中国革命の只中にいた時、大川周明によって説得され、

大川周明を中心とした日本ナショナリズム運動へ参加協力したことなどが挙げられる。

第4に、近代化推進者の場合は、社会主義者としての北の評価を極限にまでおしすすめ、

北を積極的な近代化推進者として高く評価している例である。

このように、北一輝をめぐる評価が、多様である背景には、彼の著作が発禁処分にあい、

1959年になりやっと正式に出版されたことと、北一輝ブームの1970年代は、

学生運動が隆盛であり、其の状況下で、マルクス主義的観点から批判的に捉えたり、

新左翼からは偏向して評価されたことがあるのではなかろうか。このような事情から、

北の真意がなかなか正しく評価されなかったのである。

しかし、私は、北の政治思想は終始一貫しているし、その真相は、

ナショナリズム・ファシズム・社会主義あるいは左翼・右翼といった一面的

イデオロギーでは説明できないと思われる。

ところが、北の政治思想における国体論は彼の表現通り「純正社会主義」であり、

それは、ダーウィンの生物進化論を人類社会に適用した社会進化論を援用したものである。

北の社会進化論は、『国体論及び純正社会主義』における「純正社会主義」の理論体系から、

後の『支那革命外史』や『日本改造法案大綱』における政策論的具体化に至るまで一貫して

把持され援用される。

以上の点を踏まえて、論文を書き始め、完成するまでに実に7年以上の歳月が

経過したことになる。

日本の近代政治思想に正面から取り組んできたが、日本語教師という

職をきっかけとして、日本語というものを思想とからめて、

さらに研究していきたいという思いにかられ、前人未踏ともいうべき大胆な

試みである「日本思想と日本語」というテーマを熟考している昨今である。

日本思想と日本語に向き合い扱ったものは数少なく、

本居宣長の「語学説」、語源学的・語義学的論考としては和辻哲郎の著作、

日本語文法学者の時枝誠記、等があげられるが、

その際に、特に北一輝の政治思想と三島由紀夫の文学等を手がかりとして

論考をてがけていきたいという決意である。

 

北一輝の思想

ところで、北一輝の英語観は、かなり過激である。

「一切ニ亙リテ英語ヲ廃スル所以。英語ハ國民教育トシテ必要ニモ非ズ、

又義務ニモ非ラズ。

現代日本ノ進歩ニ於テ英語國民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ。

又日本ハ英語ヲ強制セラルル英領印度人ニ非ラズ。

英語ガ日本人ノ思想ニ輿ヘツツアル害毒ハ英國人ガ支那人ヲ亡國民タラシメタル

阿片輸入ト同ジ。」

英語は廃止すべきであるという何と大胆な提案であるか。

北一輝にとって、英国という存在は不倶戴天の敵という位置付けである。

当時の植民地帝国主義の最たるものが英国であるという認識である。

しかしながら、日本語絶対論者でもなく、

「最モ不便ナル國語ニ苦シム日本ハ其ノ苦痛ヲ逃ルルタメニ先ヅ第二國語トシテ

並用スル時、自然淘汰ノ理法ニヨリテ五十年ノ後ニハ國民全部ガ自ラ國際語ヲ

第一國語トシテ使用スルニ至ルベシ。従テ今日ノ日本語ハ特殊ノ研究者ニ取リテ

梵語「ラテン」語ノ取扱ヲ受クベシ。」 と述べ、

さらに「國際語ヲ第二國語トシテ採用スル所以。而シナガラ実ニ他ノ欧米諸國ニ見ザル

國字改良漢字廃止言文一致羅馬字採用等ノ議論百出ニ見ル如ク、國民全部ノ大苦悩ハ

日本ノ言語文字ノ甚ダシク劣悪ナルコトニアリ。」 と主張しているように、

いずれ国際語(エスペラント語)を第一国語にすべきだと強調するのである。

何故、北一輝がこのように考えるに至ったかを、考察すると、

「言語ハ直チニ思想トナリ思想ハ直チニ支配トナル。

一英語ノ能否ヲ以テ浮薄軽佻ナル知識階級ナル者ヲ作リ、店頭ニ書冊ニ談話ニ其ノ

単語ヲ挿入シテ得々恬々トシテ恥無キ國民ニ何ノ自主的人格アランヤ。

國民教育ニ於テ英語ヲ全廃スベキハ勿論、特殊ノ必要ナル専攻者ヲ除キテ全國ヨリ

英語ヲ駆逐スルコトハ、國家改造ガ國民精神ノ復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ

急務ナリトス。」とあるように、維新革命後の国家改造のために

必要不可欠であるということである。

これだけの圧倒するばかりの文章家である北一輝が、日本語を評価していないのは

不思議であるが、この時代は圧倒的な西洋諸国の存在があり、一日も早く

欧米に追いつき追い越せという風潮の中で、前島密の漢字を廃止し、

仮名文字だけにすべきという主張や、西周のローマ字表記推奨論や、

有礼の簡易英語導入論、二葉亭四迷・山田美妙の言文一致運動などが

輩出してきたのである。

西欧に遅れているのは、難解な日本語のせいだととする言論が多数を

占めていたのである。

平成の現在はどうかというと、戦後GHQの占領政策の影響もあり、

漢字がことごとく制限廃止され、文語も廃止されという状況が現出したのである。

喪失したものは大きく、英語崇拝の風潮がグローバライゼーションのかけ声とともに、

蔓延しているのは、英語廃止を主張した北一輝も苦々しく

思っているのではないだろうか。

 

三島由紀夫の思想

1970年11月25日の三島事件は、敗戦後の日本および日本人に大きな衝撃を与え、

私自身もかなりショックを受けたものだった。

北一輝とは違い文学者三島由紀夫は文語を使い美しい日本語いわゆる美学を

追究した作家であると思う。

にもかかわらず、時代状況は三島由紀夫にとっては、

耐えられないものであったようだ。

「私はこれからの日本に対して希望をつなぐことができない。

このまま行ったら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに

深くする。

日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、

中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。」

王朝文学、近代日本文学という絢爛たる伝統の保持者、継承者ともいうべき

三島由紀夫が戦後、目前にしたものは壊れ逝く日本、今にも亡くなりそうな

日本語の現状であったのではないだろうか。

三島由紀夫の真意を推し量り、再照明していくのが後に続く者の

使命ではないかと思う。

微力ながら、日本思想および日本語の研究によって、日本にとって、

あるいは世界にとっての貢献となるよう尽力していく決意である。

 

参考文献

水村美苗『日本語が亡びるとき』筑摩書房、2008年
三島由紀夫『文章読本』中公文庫、1973年
三島由紀夫『文化防衛論』筑摩書房、2006年
鈴木孝夫『日本語教のすすめ』新潮新書、2009年
鈴木孝夫『日本の感性が世界を変える』新潮選書、2014年
鈴木孝夫『ことばと文化』岩波新書、1973年
鈴木孝夫『武器としてのことば』新潮選書、1985年
松本健一『北一輝論』講談社学術文庫、1996年
福田恆存『私の國語教室』文春文庫、2002年
藤原正彦『祖国とは国語』新潮文庫、2006年
安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』ちくまプリマー新書、2006年
鈴木大拙『日本的霊性』岩波文庫、1972年
黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』集英社新書、2007年
津田幸男『日本語を護れ!』明治書院、2013年
津田幸男『日本語防衛論』小学館、2011年
北一輝『北一輝著作集 第二巻』みすず書房、1950年
北一輝『北一輝著作集 第一巻』みすず書房、1959年

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。