カフェで長居出来て読書や仕事が捗る

スタバにて!

2018/12/28
今や、世界中どこにでもあるスタバで、コーヒー

飲みながら、ワードプレスのブログ記事の下書きをしてます!

宝塚は、田舎だけどオシャレなカフェが、随分増えてきました。

自宅だと、ゆったりし過ぎるので、カフェで、作業をすることが多いです。

スタバカード、タリーズカード、カフェドクリエカードを所持して出かけます。

はしごカフェすることも、たまにあるのです。

普段頑張っているので、週一で関西のどこかで、はしご酒もしてます。

それで、6月に帰国してから、日本の良さを実感してます。

でも、また来年も海外に、雄飛したいものです。

最後の晩餐

2018/12/29
昨夜、小雪が、散らついていたのですが、午後9時過ぎに、

外出してしまいました。

年の瀬で、世間がやたらと喧しいです。

フットひと息つきたくて、

癒される場所、行きつけの駅前のバーに、入りました。

常連さん2人がいました。

サラリーマンFX traderと、住職でした。

さらに3人増え…

かなり盛り上がりました!

私の知人で、面白い人がいるのですが、

昨夜は、とうとう来ませんでした。

待ち人来ず!ですね。

夜中過ぎて、1時半まで居ました。

まだまだ、残っている人が3人いましたが。

外に出ると、道路が凍てついていました。

よせばいいのに、帰り道に新しいバーが、まだ明るかったので、入ると、

初老の男性と、20代女性2人がカウンターに、座っていました。

小さなバーですが、たまにライブをするらしいです。

昨夜は、その男性がテナーサックス奏者で、一曲演奏してくれました。

なかなかのものでした。

聞くと、なんとバーテンダーオーナーのお父さんという事でした。

得した気分になりました。

明朗会計で、ワンコインだったので!

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密

2018/12/29

テレビで、イミテーション・ゲーム   エニグマと天才数学者の秘密を見ました。

「誰も知らなかった人物が、誰もしなかった偉業を成し遂げることがある」

というセリフが、妙に心に響きました。

劣勢の連合国を暗号解読で、救った悲劇の天才数学者の話です。

第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解読した

天才数学者アラン・チューリングの人生を描いたドラマです。

劣勢だった連合国の勝利に貢献し、

その後、コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれました。

戦後は、悲劇の運命をたどったのです。

第2次世界大戦下の1939年イギリスの天才数学者アラン・チューリンは

ドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となります。

人付き合いの下手な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、

同僚から孤立して仕事に没頭していたが、

そのうち理解者が現れその目的は

大戦勝利という壮大なものに変化していくのです。

やがてチーム一丸となって、

予期せぬことでエニグマを解き明かすが……。

今とは?

2018/12/30
[今と言った時、今はもうない]というポスト構造主義のデリダの言葉は、

なるほど確かに、面白いと思います。

「今、頑張らなきゃいつ頑張る?」

「今しかないです。」

色々思考を巡らせるのは、楽しいです。

でも、とにかく作業するのが一番ですかね!

最近、夜中過ぎから、明け方まで起きて作業するようになってしまいました。

生活のリズムが、ある作家と同じようになったのです。

でも、この時間帯は、集中出来ます!

健康的では、ないでしょうけど。

梅田丸善ジュンク堂にて新書購入

2018/12/31
昨日、梅田丸善ジュンク堂にて、今話題の新書購入してきました。

荻原博子『払ってはいけない』、NHKスペシャル取材班『睡眠負債』、

五木寛之『健康という病』、岡田斗司夫『ユーチューバーが消滅する未来』、

マハティール・モハマド『立ち上がれ日本人』ですが、

特に印象に残ったのが、岡田斗司夫『ユーチューバーが消滅する未来』です。

昔、テレビ・ラジオ・新聞、

今やブログ・ツィッター・YouTubeの時代と言っても過言じゃないですが、

10年後の2028年には、ユーチューバーが消滅するという

岡田斗司夫の話題の新書を一気読みました。

果たしてAI時代は、そこまで徹底した社会になってしまうのでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。