ビットコイン仮想通貨としての評価が乱高下したが反転攻勢か?

 

はじめに

大阪市西区のBit カフェは、中高生で、

賑わい、仮想通貨を話題にして、

盛り上がっているそうです。

次世代に、強い関心を持たれているのは、

YouTubeと同様ですね。

2017年は、仮想通貨元年と呼ばれ、

仮想通貨で、億単位の資産を

稼いだ投資家が億り人と称され

脚光を浴びました。

が、相次ぐ流出事件、サイバー攻撃で

信用下落したような感を呈しているようです。

仮想通貨とは

あらためて、仮想通貨について、

考えてみたいと思います。

世界中の投資家が注目している投資が

仮想通貨取引です。

特に、ビットコインは知名度が

高くなっています。

仮想通貨投資は少額資金で

始められるそうです。

また取引所の中には無料練習できる

デモトレードもあり、手軽さからも

人気の投資となっています。

このような価格の動きで、

利益を得るのが仮想通貨投資です。

仮想通貨のメリットは、

少額取り引きが出来る事です。

また、変動率が高いので

大きな利益を得ることが可能です。

ビットコインが話題沸騰

そもそも、2017年にビットコインを

含む仮想通貨が話題になり、

その年末には200万円という高値をつけ、

盛り上ったのは、記憶に新しいです。

現在では、ビットコインの価格は200万円から

5分の1以下にまで下落しました。

今後、反転攻勢できるかが注目されています。

株や投資信託よりも手軽に購入できる

新しい投資の形がビットコイン投資です。

ビットコインが電子マネーや

クレジットカードと

明確に違うのは、管理する

企業がないという点です。

ご存知のように電子マネーのSuicaはJR東日本、

クレジットカードはVISAやMasterCardなどが

管理しています。

問題が発生したときに救済してくれる

存在でもあります。

ビットコインのメリットの1つは、

元手が少なくても

コツコツ投資できます。

ビットコインは、とても気軽に

取り引き開始出来るのです。

それで、主婦やサラリーマンの副業としても

人気を集めています。

まとめ

2018年の一連の仮想通貨流出事件に関して、

大阪府警の見解は、海外に、莫大な数の口座に

分散されたので、捜査が

難航しているとの事です。

また、金融庁は、仮想通貨交換業者に対して、

業務改善命令や業務停止命令を

出しているのです。

とにかく、仮想通貨取り引きは、

リスクがつくようです。

しかしながら、少額で手軽に始められるので、

仮想通貨取り引きが完全消滅することは、

無いでしょう。

中高生という次世代が、興味関心を

示しているようですので、

彼らが、より良い取り引きのあり方を

考案するような時代が

到来するのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。