むさしの森珈琲のモーニング宝塚で飲むのはおすすめかまずいのか

 

はじめに

むさしの森珈琲は、

ひと味違うカフェです。

まるで高原リゾートのような店内です。

広くて緑豊かな空間も魅力のひとつです。

デザインの洗練さが感じられる

テーブル、椅子、カウンターなど…

店内は、Wi-Fiが利用でき、

カウンター席を中心にコンセントも

設置されています。

午前7時にオープンして、

午前10時半までは、4種類の

サービスモーニングから、

選べるのも嬉しい限りです。

パソコン持ち込んで仕事できる

私の場合は、

午前中2時間ほど、パソコン入力作業を

しています。

ほぼ毎日通っています。

かなり広いカフェですので、

ゆったりと作業できます。

ひとりでも、4人席で広々と

書類を広げられるのは、快適です。

また「ごゆっくりしてください」との

女性スタッフの声掛けも好感が持てます。

むさしの森珈琲の魅力

競合他社を圧倒するむさしの森珈琲の

コンセプトが痛烈に感じられます。

お客様目線に立っているのがよく

分かります。

私の住んでいる宝塚においては、

まず、「らんぷ」というカフェが

人気でした。

らんぷは、男性スタッフが多いです。

午前7時オープンですが、

Wi-Fiやコンセントがないです。

次に「タリーズコーヒー」です。

Wi-Fiやコンセントがあるので

魅力でしたが、

長時間、学生達の勉強のせいか、

長居するお客様に対しての

長時間利用禁止の張り紙が

掲示されるようになりました。

あまり、印象が良くないですね。

さらに、「星乃珈琲店」がオープンします。

ゆったりして、個室風の店内は

魅力ですが、Wi-Fiやコンセントがないのは、

少しマイナスですね。

そして、「スターバックス」です。

言わずと知れた、世界中にありますね。

中国、ベトナムでも、私はよく行きました。

さすがに、人気店舗です。

宝塚のスターバックスは、

素敵な女性スタッフが多く、

なかなかいいのですが、

午前8時オープンで、モーニングが

ないのがたまに傷です。

最後に、「むさしの森珈琲」ですが、

私の場合、新規開店して暫くは、混んでいて、

入店出来ずに、珍しいカフェが出来たなと

思っている程度でした。

それから何日か経ちました。

ある日、たまたまオープンと同時に

入店してビックリしました。

ゆったりとクツロゲル空間が

広がっていました。

なんとそこら中に、コンセントがあり、

Wi-Fiも使えるではありませんか。

一遍にファンになり、

今や毎朝のように、

通い続けています。

以上、総合的に考えて、やはり

むさしの森珈琲が、

女性スタッフも綺麗で、

多少ビジネスライクな感じがあるとはいえ、

今のところ一番ですね。

むさしの森珈琲のお得なサービス

Suicaが使えるのと、Tポイントがつくのが

嬉しいです。

私は、もっぱらTSUTAYAカードを使って

支払っています。

ほぼ毎日モーニングを利用しています。

スタンプカードのスタンプが10個溜まると、

1回分無料で、サービスが受けられるのも、

かなりお得な感じです。

最後に

すかいらーくグループの責任者には、

「こんなにステキなカフェ空間を

創業していただきありがとうございます」と、

感謝したいものです。

仕事場として、癒しの空間として、

まさに現代のオアシス誕生ですね!

まだまだ発展していくような感じも

またいいですね。

むさしの森珈琲のコンセプトと

企業努力に、敬意を表したいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。