嵐仲良し5人組の活動休止は大野智が戦犯なのか将来復帰はあるのか

はじめに

日本を代表する

‪アイドルグループ嵐が、‬

‪2020年限りで‬

‪活動休止するようですね。‬

‪あのSMAP解散を‬

‪契機とするのかどうか分かりませんが、‬

‪芸能界も激震が走っているようです。‬

‪中国、ベトナムでも嵐は、‬

‪大人気でした。

‪日本語学習のキッカケの‬

‪ひとつになっているようでした。‬

嵐のメンバーとは

5人いるのですが、

櫻井翔は、キャスターや俳優としての

確固たる地位を築いています。

二宮和也と松本潤も俳優として、

それなりのステイタスを確立しているようです。

しかしながら、大野智は、

嵐のリーダーとは言え、

特にこれといったキャラでもなく、

立ち位置が微妙という評価があります。

それで、グループ内格差というような

表現で評されることもあったようです。

活動休止宣言各自コメント要約

活動休止するにあたっての、

5人のメンバーが発表したコメントを

簡単に要約すると、

大野智は、「2017年6月に、自分の

気持ちを話し、それぞれの道を歩んだらと、

提案し、何度も話し合った。」

櫻井翔は、「メンバーそれぞれの思いを

ひとつの結論へ着地させようとした。」

相葉雅紀は、「5人で嵐の強い気持ちがあり、

ひとりでも欠けたら、嵐ではない。」

二宮和也は、「嵐は5人で嵐、

いつまでも嵐」

松本潤は、「20周年の今年も含め、

ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」

きっと苦渋の決断だったことが、

これらのコメントから垣間見えます。

大野智の立ち位置

ベトナムのダラットに

ビッグCという大型スーパーがあります。

そこの映画館で、ベトナム人学生5人組と

一緒に見た映画が、

嵐の大野智主演の映画『忍びの国』でした。

この映画は、2017年7月1日に日本公開で、

ベトナムでは、

2017年8月23日公開されました。

原作・脚本は

和田竜『忍びの国』新潮文庫です。

忍者や侍が登場するので、

ベトナム人学生達は、

とても喜んでいるようでした。

嵐の事も、とても詳しいので、

ビックリした次第です。

最後に

なんと平成21年以降、

NHK紅白歌合戦に連続出場しています。

さらに、平成22年から26年は、

グループでNHK紅白歌合戦の

司会も経験しています。

このように、国民的人気の

アイドルグループであったので、

熱烈ファンも多かったと思います。

「嵐ロス」に見舞われるんじゃないかと

危惧するのは、杞憂に過ぎないのでしょうか?

とにかく20年近くの大活躍を

ねぎらいたいと思います。

是非、いつの日か新生「嵐」として、

復帰するのを心待ちにしたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。