テクノロジーの進化した時代にAIアンドロイドと共存共栄

はじめに

今後、介護・福祉分野において、

人材不足に

どう対応するのかというのは、

大きなテーマだと思います。

外国人労働者の受け入れと

ロボットやAIやITの

活用など考えられます。

しかしながら多くの問題が

浮上してくるのではと

考えざるを得ないと思うのですが…

介護現場では、すでに色々な機器を

導入しているようです。

様々なAI機器の導入

例えば、睡眠計測センサー

「眠りSCAN」(パラマウントベッド)ですが、

睡眠と覚醒を端末に映すものです。

眠りが不安定な人のケアに有効だとの事です。

また、

「DF ree」(トリプル・ダブリュー・ジャパン)は

超音波で膀胱の膨らみを測るものです。

それでトイレに行くタイミングを判断出来るのです。

介護職員の夜間巡回の軽減にもなるわけです。

他には、見守りシステム

「ネオスケア」(ノーリツプレシジョン)の導入や

「セグウェイ」(セグウェイジャパン)を使い、

フロアからフロアへの移動時間への短縮など

すでに各種AIの使用で、大きく介護現場が

変化しつつあるようです。

まさにAI時代が本格化しつつあるのではと思います。

huluで見るAIアンドロイド

海外テレビドラマの「humans」は、

そう遠くない将来を描いた作品です。

英国ドラマで、シリーズ3話まである作品です。

AIアンドロイドと人間の共存を考える参考になると

思います。

テクノロジーの進化した時代のAIアンドロイドの役割

人間の抱える家事、仕事、面倒な事を殆どこなす

人間と姿形が同じAIアンドロイドが

人間の存在意義とか社会問題を突きつけて

来るようです。

人間の命令に、盲目的に

服従していたAIアンドロイドの

中に、意識を持つようになった変種(?)が

出現し、人間との間に

愛情や思い出を共有したりするのです。

まとめ

テクノロジーの進化で、

人間に似た最新の高機能

ロボットSynth(シンス)は、

多忙な人間の生活の中で、

家事や仕事を完壁に出来るAIロボットは

世界中に普及し、

シンスは人間に必要不可欠な存在となるのです。

思考や感情が無く、

人間を害しないように

プログラムされたAIロボットであるにもかかわらず、

意識を持たされたシンスが

暗躍するようになるのです。

近い将来AIテクノロジーの発達によって

人間の仕事は徐々に減っていき、

雑用や単純作業については、

ロボットがこなしていくと言われています。

さらに、そう遠くない時期に

未来のロボットと人間の間で、

戦いが勃発するのではと暗示しているかのようです。

私たちは、そのようなテクノロジーの進化した

時代に、生きざるを得ないのです。

共存共栄していく道を探求し続けていくのが、

AIアンドロイドと人間の使命とも

言えるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。