5Gは第2次産業革命の先駆け!限りなくゼロに近い情報遅延

5Gは第2次産業革命の先駆け!限りなくゼロに近い情報遅延

2019/01/10
今年は、

いよいよ5Gが実用化されますね。

まさに情報通信時代の産業革命と

言っても過言ではないです。

車の自動運転、ロボットの遠隔操作、

遠隔医療など

様々な活用が考えられます。

5Gに関連しては、

米中両国の覇権争いが益々激化する

懸念もあるようです。

現段階の4Gと比較して、

通信速度が100倍になり、

情報の発信と受信の遅延が

限りなくゼロに近いそうです。

日常生活のあらゆるものが、

ネットに繋がっていくというSFのような

社会がいよいよ始まります!

人類にとって、幸か不幸かまだ、

不透明な感がどうしても否めないのは、

何が原因なんでしょうか。

日本半官半民でアフリカアンゴラの港湾開発に参画

2019/01/10
日本がアフリカの港湾開発に、

参画したようです。

産油国であるアフリカのアンゴラです。

すでに中国が一帯一路構想のもとで、

多額の融資をしていますが、

過剰な債務超過が課題でもあります。

中国は、国を挙げて取り組んでいます。

一方、日本は半官半民という

形が多いですが…

アフリカの今後のインフラ整備に、

日本の果たす役割は、

大なるものがあると思います。

しかしながら、とても危険な要素も

あるようです。

このアンゴラの対外債務の半分以上を

中国が占めている事実です。

日本は自身で、

軍事的裏付けがないという点です。

そのあたりの事情を熟慮してるかどうか

考えるのは、杞憂に過ぎないのでしょうか。

ギグ・エコノミーの急拡大への対応

2019/01/10
ギグ・エコノミーが、

世界的に急拡大しています。

スマホが普及し、

それを媒介とする個人のスキルを

生かした事業主が増加しています。

このような働き方をどう

位置づけるかは、

どの国でも喫緊の課題だと思います。

新しい働き方を構築している

シェアエコノミーには、

試算値があります。

日本でも内閣府の発表によると、

2016年時点で、

5,000億円前後になるようです。

アメリカの配車サービスである

ウーバーテクノロジーズのように

ネット上のサービスは、ますます

増えていくと思います。

ドイツは、

中間類型として種々の施策を

構築するため、

法整備に取り組み始めたようです。

日本を取り巻く内外情勢は

2019/01/10
日本を取り巻く内外情勢は、

厳しくもあり、

チャンスかもしれないようです。

アメリカが、自国第一主義で、

中国が危なっかしい国際情勢の中では、

米中以外の国、特に欧州から

日本に対する

期待値が高まっているようです。

2019年は、G20の議長国で、

対米追随を脱すべきかどうか。

国連改革、WTO改革、

TPP、EPA等の一連の問題でも主導権を

にぎれるチャンスだと思うのですが。

さらに北方領土交渉は、

ロシアのプーチンという

タフ・ニゴシエイターですから

困難を極めるでしょうが、

何とか活路を見出して欲しいです

ガレージ商店街活性化の起爆剤

2019/01/10
東京の北品川商店街に、

簡易宿泊所がオープンして、

外国人観光客に人気上昇中らしいです。

最近商店街に元気がなく、

ガレージが降りている所が

全国的に増えていくにつれ、

寂寥感が募っていたのですが、

このニュースは、

朗報ですね。

商店街の活性化に大期待です。

宿泊料金も3,000円ほどの格安で、

日本人の日常生活に、

直に触れられるので、

外国人にとっては、

とても新鮮で魅力的なんでしょうね。

本当に外国人観光客が、

日本人の気づかない、

日本の良さを発見してくれるのは、

有り難いことです。

大阪の西成という一般の日本人には、

最近まで怖くて近付かない所も、

外国人観光客によって、

とても魅力的な街に、

一変されました。

まだまだ日本には、

いい所があると思うので、

商店街活性化のモデルとして、

参考にしていくべきかもしれないです。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。