ベトナムダラット大学で日本語教育⑧

ダラット大学本部事務室

「お湯の件は、R先生やH先生を通さずに、直接寮を管理する国際関係部の

担当者に話してみてもいいと思います。」というOさんのアドバイスに従って、

3年生のF君を連れて、直接担当者の事務室に行ってきました。

大学正門近くの学部長室のあるビル(A1)の1階にあって、とても豪華な広い部屋で、

Aさんが1人で働いていました。

大学内で、とても地位が高いのでしょうね。

社会主義国家は、官僚主義のヒエラルキーで、序列が凄いなぁと思った次第です。

初対面の挨拶をしました。

英語はペラペラです!

『プロフェッサーのFさん!色々心配かけて申し訳ありません!』というような

内容のことを言われました。

F君には、ベトナム語で説明していました。

後でF君に聞いたら、『プロセスがあるので、H先生から学部事務室のNさんに

書類を上げるように』との事でした。

宿舎に戻ると、程なくして、授業中にも関わらず、H先生が飛んできました。

「お湯の件やら、天井の蛍光灯やら確認して、Nさんに伝えます。」と、言っていました。

今日、工事すると連絡が入っています。

午前10時には、A1に行ってビザ延長手続きもするとの事です。

H先生が同行します。

ダラット大学3年生の尽力

3年生のF君が、たまたま印刷屋で、アルバイトをしていて、会話、聴解、作文の

立派な教科書3冊が仕上がりました。

なんと3冊で5万ドン(250円)です。

日本では、著作権法でうるさいですが、ここベトナムや、中国では普通のことです。

日本語の書籍が入手しにくいというお国の事情があると思うので、

仕方ないのかなぁと考える次第です。

ところで、シャワーも天井の蛍光灯も修理が完了しました。

上意下達のお国柄です。

でも、1週間以上前にR先生に頼んでいた教室の天井のプロジェクターは

相変わらず設置されていませんでした。

ついでにこの件も、Aさんに頼んでいたら、良かったかなぁと思います。

H先生情報によると、R先生は2日前に喉の手術をして自宅療養中らしいです。

昨日は、一日中多忙でした。

授業参観・会議

月曜ですので、午前7時から10時半までの授業です。

Oさん、医療担当のNさん、ベトナム人スタッフのGさんが、

授業参観に午前10時頃やってきました。

初めての作文の授業だったので、チョット難しかったですね。

会話や聴解に替えてもよかったけど、敢えて予定通り作文を実施しました。

授業終了後、学部事務室で、R先生、H先生、Oさん、Gさんとの5人で、

大学の様子や、今後の活動方針等を話し合いました。

喉の手術をした割には、R先生は、よく喋っていました。

ダラットの病院訪問

ダラット大学を出た後、病院勤務のOさんの病院を訪問しました。

Nさんの仕事に同行したのです。

いつもの一日中レンタルの運転手付きワゴン車にOさん、Nさん、Gさんと一緒に乗って

省立病院を訪問しました。

かなり大きく綺麗な病院でしたが、なんでも単刀直入に言うNさんによると、

「ベトナムの病院は、不備な点が多いので、日本人には、勧められない」と言っていました。

その後、ボランティアO氏の活動報告があったのですが、それには、

参加せずBIG Cで、買い物しながら、待っていました。

再び、Oさんたちと合流し、そのワゴン車で、夕食会の会場に向かいました。

ピザがメインの洋食屋さんでした。

メンバーが4人揃い、Oさん、Nさんの6人です。

Gさんは、体調を崩していて、参加しませんでした。

いつもは、ハノイにいるNさんは、ダラットは、寒いと言っていました。

その後、野郎だけで湖に面したパブ風バーに二次会に行ったのですが、ダラット大学は、

午後10時門限なので、9時半には、退席してタクシーで、帰宅しました。

とにかく多忙な1日でした。

今日は、午前中数人のメンバーと一緒に、ホアンミイという私立病院を訪問しました。

高台にあるとてもいい環境にある綺麗な病院でした。

昨日の省立病院と違い、富裕層の利用する病院のようです。

個室に入院すると、1日4千円かかるようです!

病院巡りをして、ツクヅク病気やケガをしたくないなぁと実感した次第です。

Oさん、Nさん、Gさんは、午後2時の飛行機で、ハノイに帰るということですので、

BIG Cで、降ろしてもらいました。

自転車修理等にF君付き添い

午後は、3年生のF君が、手伝ってくれて、大学の無料貸与の自転車の修理に行きました。

チェーンやタイヤ空気入れ、新しい鍵の購入など、彼がいて、とても助かりました。

また、たまたま宅急便から電話があり、彼が代わりにベトナム語で、対応して、

無事に送られてきたヘルメットとライトを受け取ることができました。

F君の存在が、ベトナム人日本語教師達以上に、頼りになります。

格安航空券に注意すべき点

シートリップから、次のような返事が返ってきました。

今回は、私の認識不足でしたので、仕方ないです。

損失を享受します。

「初めまして、シートリップのインと申します。

このたび、航空券のご予約をいただき、誠にありがとうございます。

早速ですが、お客様がご提供いただいた情報で検索いたしましたところ、

ご予約番号のダラットーハノイ往復航空券が見つかりました。

今回ご予約いただいた航空券が航空会社の規則より、一旦発券済みの場合、

一切キャンセルやご変更することができないプランになっております。

ご了承くださいますようお願いいたします。」

規則順守しなければならないとの回答でした。

やはり、今後はプランの内容をしっかり把握すべきだと、反省しました。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。