中国辛亥革命と北一輝の政治思想

中国の保全のため

北が何故、危険に曝されることが十分に予想されたにもかかわらず

辛亥革命の渦中に身を置いたのかというと、

それは、日本思想に啓発された留日学生が中心となった

革命の進展状況を自分の目で確めたかったということであろう。

また北の「純正社会主義」という政治思想からみて、

国家の進展のためにはまず民族統一による独立国家として

保全されることが前提になる。

北にとって封建的な貴族国家から近代的な公民国家になろうとする

当時の中国は、単なる隣国というわけではなかった。

さらに、北は日本の独立を守りつづけるためにも独立国家としての

中国の保全が欠かせないものだと確信したので、辛亥革命の中国に渡った。

このような行動は、北の政治思想的な信念がいかに

確信的なものであったかを示している。

北は中国の革命が日本の維新革命をモデルとし展開していくと信じていた。

また北の目にみえる当時の中国の革命状況は、

あたかも維新革命後「逆倒」して行く日本をそのまま

照射しているかのようであった。

北にとって維新革命後の日本は「公民国家」を達成したにもかかわらず、

程なく「経済的貴族国家」に堕していったということである。

それ故、北は、国家発展の過程から軌道を外れた最たる

大逆事件を契機にして「神隠しの如く」中国の辛亥革命の渦中に身を置き、

中国の国家発展を彼の進化論の軌道に乗せることを希ったのである。

にもかかわらず、辛亥革命政府内部において内紛が絶えず、

また革命援助を期待した日本政府も軸足が一定しなかった。

当時革命政府は北の考える革命本来の軌道から脱輪しながら

迷走を続行していた。

それに対して、革命進行を鳥瞰している北の姿が

屹立しているかのようである。

北は、我が身を革命渦中に投じ、その一方で、

『支那革命外史』という大作を世に問うたのである。

この『支那革命外史』の八章南京政府崩壊の経過までを

1915年11月に書き上げたが、これは北の2回目の渡中国の前年であった。

さらに1916年4月に後半部分を完成し、頒布を急ぎ、

再度6月に上海に渡ったのである。

この著作で特に北が強調した点は、対華二十一カ条要求での

対中国交渉を不本意であると主張したことと、

対中国策及び対外策のあらゆる場面において日本は日英同盟に依頼せず、

日米の協調的握手を指示したことであるという 。

このような北の主張は、もちろん中国が民族統一の国家として

近代国家あるいは「公民国家」となる前の中国の保全のためのものであった。

つまり北一輝の外交政策的主張の内容は、北の政治思想や政治的活動を正確に

理解する上で重要なものとなるに相違ない。

北一輝の辛亥革命観

一方、北の辛亥革命観は、当時中国革命を中国における

日本の利権経営の好機と捉え、

西洋諸国とともに利権競争に駆り立てる政策を展開した

日本政府当局者の観点とは非常に対照的である。

ここに北の政治思想や国際政治的観点の独自性が顕著に見えてくる。

したがって本稿の目的は、第一に中国に渡り、

辛亥革命の渦中に身を投じた北一輝が退去命令による

帰国後『支那革命外史』を執筆し、更に渡中するのであるが、

この著作における北の考えと目的を明確にすることにある。

第二に北一輝なりの外交戦略を主張しているが、

ここで述べられる国際政治に関する北の状況認識や外交戦略は

現時点においてもそれほど知られていない。

この面において北の主張する具体的な外交政策の内容を

明らかにするとともに、日本政府当局者の政策の内容と比較してみる。

第三にこの著作で主張している北なりの外交政策の内容と

国際政治への状況認識が純正社会主義・国家進化論に根ざした

北の根本的な政治思想とどのように繋がっていくかを明らかにする。

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。