寿司東京ベトナム風結婚披露宴登山

 

日本語クラブ3人姫寿司東京

2016年1月13日水曜日夕方ロッテマート前で、社会人日本語クラブのメンバーの

女性3人と待ち合わせしました。

なかなか明るくて元気な3人姫という感じです。

一緒に寿司東京に行きました。

ブンタウ大学から徒歩15分位の所にあります。

スタッフの中の1名はブンタウ大学2年生で教え子でした。

2階の座敷に案内されました。

東京からのお土産を渡すと、とても喜んでくれました。

2次会はカフェLeeへ行きました。

落ち着いた書斎風のカフェです。

ベトナム風結婚披露宴

1月22日金曜日午後7時頃タオさんが車で迎えに来てくれました。

タオさんの自宅で、彼女の弟さんの結婚式前夜祭があるので、

参加しました。

自宅で、結婚式の前夜祭をするとは、日本と違い、いかにもベトナム風だと思いました。

自宅に人を招待するほどの大きな邸宅でした。

カラオケ設備もあって、飲み食いし、歌って大いに盛り上がりました。

翌日1月23日土曜日の午前11時半から結婚披露宴に、日本人教師K先生と

学生3人と一緒に参加しました。

日本の結婚披露宴と違い、いつのまにか始まり、いつのまにか終わるという

感じでした。

日本のように堅苦しいスピーチがなく、ひたすら歌いまくるという印象でした。

ステージの大きな画面には、新郎新婦の映像が流れ続けています。

この点は日本も同じかもしれません。

私たちも飲み食いして、それぞれステージに立ち、歌を披露しました。

華やかで、素敵な結婚披露宴でした。

ブンタウ初登山

1月26日火曜日3年生の聴解クラスの学生約20名と大学近くのロッテリアに行きました。

アイスクリームを食べたり、写真を撮り合ったりして、歓談しました。

そのうちの10名と一緒に、ブンタウで初登山です。

そんなに高い山ではなさそうですが、日本人教師K先生も

加わって、登山することになりました。

私は、日本では早朝登山を継続してやっていたので、

それほど抵抗は無かったのですが、サルや蛇が出て来るというので、

チョッと不安はありました。

たまにですが、コブラが出て来る時もあるとのことだったので、

充分注意しなければならないなと思いました。

ベトナムの学生は、心優しい学生が多く、面倒見もとても良いです。

先生に対する敬愛の心は特に強いので、教師側も一生懸命丁寧な教材研究と

授業の工夫をしていくように努力しています。

日本語を学びたいという学生は、ベトナムでは、ますます増加傾向にあるので、

日本語教師として、常に鋭意研鑽していかねばなりません。

本当にベトナム人日本語教師、大学職員、ベトナムの学生たちには、感謝の念でいっぱいです。

それ故、ベトナムブンタウでの貴重な経験の数々は私の人生の宝物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。