中国魯東大学学生とのお別れパーティー

 

魯東大学2年1502クラスお別れパーティー

6月27日火曜日から30日金曜日まで第18週最終試験でした。

授業もすべて終了し、テスト成績処理・提出で中国魯東大学での業務が完全に終わります。

7月7日金曜日採点・成績処理等すべて完了しました。

今日は、2年1502クラスとのお別れパーティーです。

魯東大学正門前商店街にある「ショウザントン」という中国料理店の

2階の2部屋貸し切りでした。

リーダーを中心によくまとまっているクラスなので、交渉事も

上手だなと感じました。

中国料理で珍味なものがたくさん出てきて、とても美味しかったです。

青島ビールは飲み放題でした。

煙台は青島に近いので、青島ビールを好むのかなと思います。

安いし飲みやすいビールだと常々思っています。

煙台ワインの工場が魯東大学の近くにあるのですが、学生たちは

ワインより青島ビールの方が好きなようです。

歌あり、ゲームあり、なつかしい話あり、写真撮影ありで、

かなり盛り上がりました。

魯東大学2年1501クラスお別れパーティー

7月8日土曜日2年1501クラスとのお別れパーティーです。

カラオケ店2部屋貸し切りでした。

寿司・飲み物・ケーキなどが部屋中あふれんばかりに準備されていました。

さすがのリーダーシップと自律心のある個性的な学生たちの

集まりだなと感心しました。

学生たちが3班に分かれ、それぞれの班で

プレゼントが用意されていました。

今までの写真を時系列にアルバムにしてコメントを添付したもの・

中国ブランドの万年筆・中国風の個性的な手帳など

素晴らしいプレゼントの数々に感動しました。

魯東大学宿舎後片付け大掃除

7月14日金曜日部屋の片付けと大掃除です。

午後2時に、2年生のフ君とチン君がバッグを持参して訪ねて来たので、

本・ファイル・トランプなどをプレゼントしました。

帰りに彼らが大量のゴミ袋をゴミ集積所まで運ぶ手伝いをしてくれたので、助かりました。

中国煙台から日本帰国の日

7月15日土曜日いよいよ日本への帰国の日です。

まさか中国で1年も居住するとは思ってもみなかったので、何か感慨深いものがあります。

日本人の中国に対する考え方は様々ありますが、こうして生活すると、

全然違う感情がわいてくるのは不思議です。

やはり実体験してみないと、わからない部分が多いなあと実感しています。

朝5時に起床しました。

スーツケース2つに何とか詰め込みましたが、大きなスーツケースの方が

かなり重量があります。

午前9時にリンさんのタクシーが来て、空港には午前10時に着きました。

出発まで、まだ2時間あるので、いつもの4階のレストランでコーラを飲みながら

読書しました。

搭乗手続きの際、やはり心配していた大スーツケースの方が4㎏重量オーバーです。

仕方なく1,000元約2万円支払って預けました。

大スーツケースは荷物の詰め込み過ぎに注意しないといけないです。

7月16日日曜日昨日は結局、飛行機が5時間半も遅れて煙台空港を離陸したので、

自宅に着いたのは、何と午後11時半でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。