関西国際空港から山東省煙台へ

宝塚中山寺から

2016年8月27日土曜日午後12時半、阪急タクシーで中山寺へ、スーツケースが2個あるので

タクシーを使うことにしました。

JR中山寺から20分ほどで、尼崎に、尼崎からはリムジンバスで

関西国際空港に向かいます。

割と快適に空港まで運んでくれるので、

交通手段はいつものパターンです。

関西国際空港で時間にゆとりがあったので、

とりあえず4万円を中国元に両替しました。

午後4時40分関西国際空港を中国に向けて離陸しました。

山東省煙台着

煙台の空港には、予定より10分程遅れて到着しました。

中国人日本語教師2人と事務職員の計3人が出迎えてくれました。

車で魯東大学に向かいました。

大学宿舎がかなり広大なキャンパス内にありました。

その大学宿舎入口前で2人の女子大学生が待機していました。

部屋は比較的広くて3LDKだったので、ゆったりした感じです。

彼女たち2人が荷物の整理を手伝ってくれたり、

キッチンやトイレ、シャワーなどの説明をしてくれました。

午後10時くらいまでいろいろ手伝ってくれて助かりました。

煙台最初の日曜日

中国最初の朝、興奮してあまり寝てないような気がします。

午前8時頃、チョー氏が訪ねて来て、いろいろ説明して、

インターネット接続も手際よくやってくれて助かりました。

しかしながら、中国ではGメールが使えないのです。

でもヤフーメールは大丈夫だったので、なんとかなりそうです。

インターネット使用料が年間420元なので、やはり日本よりは

安いです。

煙台の中心部繁華街へ

午前8時半頃昨夜の女子大学生2人がやってきました。

彼女たちが、煙台で一番の繁華街へ買い物に一緒に

行ってくれるとの事だったので、うれしくなりました。

やはり一人で買い物は、心細いし不安です。

バスも初めて乗りました。

魯東大学前から、何本もバスが出ていて、とても便利です。

料金も安いし、まあまあ快適です。

20分ぐらいバスに乗って到着するので、とても便利だなと思いました。

中国で使う携帯電話や炊飯器、食器類などの買い物してから、本屋さんにも案内してくれました。

かなり大きな3階建ての建物でした。

日本語の本もわずかですが、申し訳なさそうに並んでいました。

昼食も彼女たちと3人で、食堂街で、朝鮮冷麺を食べました。

一旦バスで大学まで戻り、今度は大学内にあるスーパーで買い物をしました。

大学内敷地がかなり広いので、スーパーも3軒その他の商業施設も

たくさんあるので、生活するにはとても便利だなと思いました。

今日はいろいろ買い物して、中国元が残り少なくなったので、

少し不安を感じています。

こうして中国煙台での生活がいよいよ始まっていきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。