大キリスト像登山一路東京へ

 

4月3日日曜日午前5時半に完全起床しました。

今日は2年生グループ7名と大キリスト像に向かいます。

午前7時にブンタウ大学の正門前に集合しました。

大キリスト像は、少し小高い山の上にあるので、登山するつもりで、準備しました。

階段を登っていくのですが、途中休憩所もあります。

20分ほどで、大キリスト像に着けます。

大キリスト像の内部は空洞になっているので、大きな両手を広げた

像の肩付近にまで、登ると、ブンタウの市街地と海が見晴らせます。

景観の素晴らしさには感激しました。

やはりリゾート地ブンタウを代表するものの一つだと思いました。

日曜日ということで、大勢の観光客が集まっていました。

台湾からカップルでやってきた観光客もいました。

下山する途中のお土産物屋さんにも立ち寄りました。

その後、みんなでロッテマートのフードコートに行きました。

人数が多いので、鍋物を食べることにしました。

中国東方航空上海経由で東京へ

4月5日火曜日午後7時ブンタウ大学正門前から、ホーチミンの空港へ向けてバスで出発しました。

中国東方航空で、はじめての乗り継ぎ便でした。

何でも初めてというのは、戸惑うものです。

右往左往して無事に東京に到着しました。

貴重な体験でしたが、ホーチミンから上海浦東間の機内食がパンとクッキーだけという

粗末なものだったので、辟易しました。

飛行機自体はベトナム航空と大差なく、しいてあげれば、座席がゆったりしていました。

4月7日から4月8日までは研修でしたので、宿泊は新宿のカプセルホテルにしました。

新宿区役所前にあり、1泊2,200円と低料金の割には、とても清潔で、

Wi-Fiもつながるので便利でした。

また新宿ゴールデンに近かったので、久しぶりに訪ねてみました。

新宿ゴールデン街は最近、外国人観光客でにぎわっているようです。

300軒ほどのスタンドバーが長屋風にひしめき合っていて、

長い歴史を感じさせます。

一時期、地上げ屋がはびこってゴールデン街はもう消滅してしまうのかという

時期もありましたが、盛り返してきたようです。

色々特徴のあるスタンドバーが多く、客層も様々です。

音楽関係者、演劇劇団員、俳優、作家等々多くの日本人にも愛され続けているようです。

私も早稲田大学の学生時代に先輩に連れてこられ、それ以来ひとり飲みするのも

ゴールデン街でという場合が多いです。

私の学生時代は学生運動が盛んで、一部の学生で通い詰めている人もいました。

「有識無産階級」が集う社交の場だ、と主張していましたが。

果たして真相のほどは。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。