ベトナムブンタウ大学での1年間を振り返って

ベトナムブンタウ大学での1年間を振り返って     2016/6/1に記す

外国での初の長期滞在である。しかも日本語教師として。

毎日日記をつけていたので、主な記録を時系列であげてみる。

それは、昨年2015年9月18日に始まった。

9月18日(金)
成田ビューホテルを午前7時のシャトルバスで成田空港第1ターミナルへ向けて出発。

GPA(グリーンポートエージェンシー)にてベトナムドンへ初の両替をする。

160万ドンが9,760円だった。

9時半に成田発で、タンソニャット空港には昼過ぎには到着した。

サロンパス看板前で待っていると、迎えがあったので一安心。

でもそれからブンタウ大学まで車で2時間以上かかり、とても長く感じた。

9月19日(土)
副学科長フン先生の案内でベトナム人日本語教師4名、

日本人日本語教師1名とベトナム料理の素敵なレストランで歓迎会。

9月20日(日)
とにかくバイクが多い。

しかし、バイクを避けながら道路を横断するのにも慣れてきた。

日本の自宅にTELできたのは感激だった。

またATMの種類によっては、カードを読み込んでも現金が

出てこないというトラブルもあった。

夜中の雷雨がけたたましい。

雨季なのでしかたがないのか。

10月3日(土)
作文の添削に半端なく時間がかかる。

10月4日(日)
午前中、徒歩で行けるので、ブンタウ市場へ向かう。

青果、魚介類、衣類等何でもありの大きな市場だ。

10月14日(水)
3年作文の授業は、まず前半でベスト5の学生に一人ずつ前に出て発表してもらい、

重要事項を板書していき、丁寧に説明していった。

後半 日本から持参した動画「所さんの日本の出番 おもちゃ」を見せたところ

日本の技術力の高さがおもちゃにも現出していることに感銘を受けていたようだ。

11月2日(月)
午後5時半 中間テスト終了後。

ブンタウ大学2年生のタン君、チョ君、トゥさん、タンさん、ティエンさん、チャンさんが

ケーキを買ってきて、私の誕生会をCAFEで開催してくれたのには、感激した。

11月18日(水)
3か月目の油断。

初めての本格的な下痢。2,3日間正露丸を飲み続ける。

路上レストランやハノイ料理店の飲料水があたったのか。

12月5日(土)
土曜日の午前10時ごろ、とても退屈になる。

日本だと本屋さんやカラオケボックスなどで時間をうまくつぶせるのだが。

4月11日(月)
夜中からズーッと停電、初めてのことだ。

横になっていると汗ばんでくる。

冷蔵庫の中の物が心配だ。

洗濯もできない。

つくづく電気の大切さを認識させられた。

午前6時前、ロアン先生にTEL。

ロアン先生が施設設備に問い合わせると、町の発電機が故障しているらしい。

4月15日(金)
関学のN教授がブンタウ大学に来訪。

2年ライティング授業参観、ブンタウ大学 学長との歓談等。

4月24日(日)
洗濯機故障、修理依頼。

4月後半はあまり体調がよくなかった。

4月中色々多忙で神経を使うことが多かったからか。

4月26日(火)
午前9時半、ロアン先生が授業終了と同時に迎えに来る。

1階事務室で学長、副学長、ロアン先生、K先生、T先生他何名かが集合。

熊本震災募金活動で4,000万ドン以上集まったとのこと。

送金方法を色々検討した結果、外務省に決定。

最後にみんなで記念撮影をした。

5月17日(火)
夜中に何かゴソゴソする感じで、寝苦しい。

アリやハエである。

ブンタウはアリでもハエでもとても小さいので目立たず始末しにくい。

2年生の授業終了後、学生10名程と”水澤”というカフェへ。

送別会のようなものか?

11時半にはロアン先生たちにも昼食会へ誘われた。

5月29日(日)
社会人入試で、問題漏洩を防ぐため、学内ネットが遮断された。

月曜日の午後まで、ネットがつながらないので、とても困った。

ベトナムブンタウの活力と発展への期待

以上、振り返ってみると、けっして愉快なことばかりではなく、

つらい困ったことも多々あったような印象である。

しかしながら、若いベトナムはとても活気があり、

これから大いに発展していく国だと思った。

学生も素朴で人懐っこく、日本人に対してはとても親切で、見習いたいという

姿勢が強いように思う。

日本の学生と違い、先生に対する尊敬心が強いのには吃驚したものだ。

苦アリ楽ありの9か月間だったが、あっというまに経過したように思われる。

いろいろな出来事が走馬燈のように浮かんでくるが、

帰国してからは、なおさらのことだろう。

この経験を次に生かしたいと思う昨今である。

ABOUTこの記事をかいた人

長年教育の場で、働いてきました。 前半は、日本の小学校で、 後半は日本の高校、日本の大学、 中国とベトナムの大学で日本語教師という風に! 今年2018年6月に日本に帰国しました。